ISTS2014で専攻科生が研究発表しPresentation Awardを受賞しました。(11/19-21)

2014.12.02 2015.03.09 13:51

国際シンポジウムISTS2014において、熊本高専の専攻科生が発表を行いました。ISTS(International Symposium on Technology for Sustainability)は、「持続可能な社会構築への貢献のための科学技術」をテーマに、英語コミュニケーション能力の向上と国際感覚の涵養に貢献することを目的として平成23年度から実施されている学生主体の国際シンポジウムです(ISTS2014のWebサイト)。

今年は11月に台湾(National Taipei University of Technology)で開催され、200件を超える発表がありました。前日にはstudent activity(夜市)も実施され、海外の学生との交流を深めてきました。本校からの発表のうち、専攻科1年の今井勝君の発表がPresentation Awardに選出されました。皆さんのこれからの活躍に期待いたします。

 

熊本高専からの研究発表一覧

  • Masaru Imai, Yasuyuki Shimada and Koki Shibasato:
    Dynamic Biped Walking Based on ZMP Theory [Presentation Award]
  • Fumiya Iwai, Hiroyuki Odagawa and Kazuhiko Yamanouchi:
    Equivalent Circuit Analysis of Low Loss Floating Electrode Type Surface Acoustic Wave Filters with Weighted Structure
  • Takayuki Mukaeda, Nan Bu:
    Forearm Motion Classification based on Frequency Characteristics of EMG Signals
  • Naru Hirata, Takuto Ogata, Yoshifumi Shimoshio:
    An equivalent circuit of a transmission line based on a TDR measurement
  • Kentaro Miyazato and Kazuo Nagata:
    Kansei mapping of music and color by using the color image scale
  • Mamoru Kusuda and Koki Shibasato:
    Design of Pseudo Tremor Generator System
  • Tatsumasa Wakata, Toyonori Matsuda and Mitsunori Kawano:
    Scattering and absorption of light by colloidal gold nanoparticles
  • Shogo Yamauchi, Hiroki Irie, Kiyoteru Hayama:
    Trial Production of Rotational Aircraft Aiming at Weather Survey

 

シンポジウムの様子

受賞した今井君の発表 迎田君の発表
 
九份老街 引率の下塩教員(左端)と発表した専攻科生