九州沖縄地区高専英語弁論大会で3年生柳森さんが優勝、重信君が審査員特別賞を受賞しました。(8/23)

2013.10.16 2015.03.09 13:47

 8月23日に第46回九州沖縄地区国立高等専門学校英語弁論大会が北九州高専にて開催されました。八代キャンパスからは、生物化学システム工学科3年の柳森虹保さん(英語研究部所属)がスピーチ部門に出場し、見事優勝しました。また、熊本キャンパスからは、制御情報システム工学科3年の重信亮太君がスピーチ部門に出場し、見事審査員特別賞を受賞しました。
 英語弁論大会は暗唱部門とスピーチ部門があり、スピーチ部門では自作の英文原稿を発表します。柳森さんは「A Dream Given to Me(私に与えられた夢)」というタイトルで、日頃の練習の成果を存分に発揮し、高専入学のきっかけとなった人物について、また自分の夢について感動的なスピーチを行いました。重信君は「A Happiness for Companion Animals(伴侶動物にとっての幸せとは)」という題目で自身の経験談を織り交ぜながら、力強いスピーチを行いました。
 柳森さんは、来年1月に開催予定の全国大会にも出場予定です。

 

優勝した柳森さん(八代キャンパス) 審査員特別賞を受賞した重信君(熊本キャンパス)