校長挨拶

校長 長谷川 勉

 グローバル化の進展、熾烈な国際競争の激化など我が国を取り巻く環境は大きく変化しています。加えて少子高齢化の進行によって長期にわたる人口減少、特に生産年齢人口の大幅な減少が予測されています。このような厳しい状況においても日本が豊かさを維持していくためには、主体的に課題やニーズを発見して新しい視点からこれまでにないモノやサービスを提案できるようなイノベーションを創出する人材が必要となります。しかも、チームをまとめて粘り強く仕事を推進できる、リーダーシップやコミュニケーション能力などの人間力を備えた技術者が求められています。

 このような社会の要請に応えるために、熊本高専は 2 キャンパスに6 学科、2 専攻及び特徴ある3 センターを配置して、教育・研究の高度化を図るとともに地域社会との連携強化を推進しています。

 本校では、思考が柔軟で感受性豊かな若年からの 5 年間あるいは 7 年間の一貫した技術者教育という高専の特徴を活かし、基礎や専門理論はもちろん実験・実習などを重視した教育を行うと同時に、主体的自律的な課外活動、寮生活などを通して豊かな人間力を育み、社会人基礎力を備えた課題発見・解決型の実践的創造的エンジニアを育成します。

 本年は、PBL・総合教育センターを発展的に改組し、グローバルリーダシップ育成センターをスタートさせました。グローバル人材育成と情報セキュリティ人材育成に向けた新たな全学的な取り組みも始めています。熊本高専は今後も時代と社会のニーズに応えるため、魅力あふれる高専として進化し続ける所存です。