「Student Design Showcase 2018」で世界トップ10プロジェクトに選出されました。(6/14)

2018.06.20

6月14日、米国 National Instruments 社が主催し、世界から50校以上の大学が参加していた学生向けコンペティション「National Instruments Student Design Showcase 2018」で、機械知能システム工学科の5年生5名が昨年度に取り組んだプロジェクト「Sloper: The Intelligent, Auto-Navigational Wheelchair」が世界トップ10のプロジェクトとして選出されました。

本プロジェクトは、スロープの昇降や屋内での目的地までの移動、障害物の検知および回避行動を自動操縦で行なう電動モビリティ(車椅子)の開発で、身体機能低下により移動に支障がある高齢者や身体障害者を対象として社会のバリアフリー化推進への貢献が期待されます。本コンペティションでは、作品の新規性が高く評価されました。

受賞内容

受賞内容:Top 10 Global Project
作品名 :Sloper: The Intelligent, Auto-Navigational Wheelchair
メンバー:森本堅太、本山和輝、湯野友貴、カン イブラヒマ、タス スリニヴァサン シリーシ バブ

【外部サイト:National Instruments】
Top 10 Student Projects Worldwide 2018 受賞プロジェクト一覧
https://forums.ni.com/t5/Impulse-Response/Top-10-Student-Projects-Worldwide-2018/ba-p/3785076

【外部サイト:National Instruments】
Sloper: The Intelligent, Auto-Navigational Wheelchair プロジェクト詳細
https://forums.ni.com/t5/LabVIEW-Student-Design/Sloper-the-auto-navi-car/ta-p/3764705