テクノルネサンス・ジャパンにおいて「Under Bachelor賞」を受賞しました。

2015.03.12 2015.03.16 11:11

日本経済新聞社主催で開催されている「企業に研究開発してほしい未来の夢」アイデア・コンテスト(愛称:テクノルネサンス・ジャパン)は、日ごろ思い描くアイデアと企業の技術や事業を組み合わせたらどんな画期的なことができるかを考え、参加企業が示す各社の募集テーマと技術情報をもとに、「企業に研究開発してほしい未来の夢」を提案するコンテストです。(テクノルネサンス・ジャパンHP参照)

第7回となる今年度も複数の企業から募集テーマが提示され、多数の応募がありました。その中で、大日本印刷のテーマに応募した制御情報システム工学科3年の坂田慧梧君がUnder Bachelor賞を受賞しました。

タイトルは「絵本作成アシストシステム」で、絵の情報によって絵本作りを容易にし、小さな子どもでも絵本を作成できるシステムの提案です。

受賞おめでとうございます。
坂田君には、後日、制御情報システム工学科 大塚学科長より表彰状が授与されました。

受賞したCI科3年 坂田君(中央)

詳しくは、日経テクノルネサンス・ジャパンのWebページをご覧ください。
http://nikkei-techno.jp/