熊本キャンパス5年生向けキャリア講演会を実施しました。(4/18)

2018.04.20 2018.04.20 08:44

4月18日(水)の本科5年生のコミュニケーション論の授業において講師 増田 翔太先生(産業医)によるキャリア講演会を実施しました。

今後、就職・進学を問わず把握しておくべき「労働と健康管理〜メンタルヘルスを中心に〜」について講話を聴きました。学生たちは、働く環境から引き起こされる健康面の諸問題について話し合ったりして、積極的に耳を傾けていました。

以下講演会に寄せた学生感想です。

  • 本日の講演を聞いて、早速「こころの耳」にアクセスし、「5分でできる職場のストレスチェック」を行ってみた。結果としてはストレスをあまりかかえておらず、ストレスの原因となる要素もあまりないということで、安心した。しかし、ストレスは急に重くのしかかってくる可能性もある。普段からストレスをためこまず、気分転換ができるように、自分にとってのストレス解消に良い趣味を今回の講演を思い出しながら探していきたい。
  • おそらく来年から社会人として働き出す私にとって仕事ができるのか、上手く先輩や同期と馴染めるだろうかなど、まだ就職先も決まっていないのに色々と不安になってしまいます。その中で今回の講演を聞いてストレス度とストレスのコントロールの方法を知り、社会人になった際にストレスを出来るだけ溜めないように教わったストレスの発散方法を試してみようと思います。社会人になってからもストレスと上手く付き合っていきたい。
  • 今回の話を聞いて私がストレスを出来るだけ押さえるために重要だと思ったのは毎日の睡眠である。仕事などで忙しくなってしまった時などは人に相談して仕事を分担してもらうか、仕事の合間に少しずつでも仮眠をとることが重要であると考える。それでも睡眠時間が確保できないときは、余暇に使っていた時間を忙しい期間だけでも削って睡眠に回すことで睡眠時間を理想の時間に持っていき、ストレスを押さえられると思った。