八代市立金剛小学校で小学校ネットワーク理科授業を実施しました。(12/12)

2017.01.16 2017.01.16 11:37

 平成28年12月12日 (月) 、八代市立金剛小学校5年生2クラス43名に、共通教育科の上土井教授および八代キャンパス科学技術教育支援室スタッフが「電磁石の性質~おもちゃを作ろう~」というテーマで出前授業を実施しました。
 まず、永久磁石と電磁石の違いを説明し、班対抗で電磁石を使ったクリップ運びゲームをしました。その後、電磁石が実際に利用されている場面を、動画を見て確認しました。最後に永久磁石と電磁石を使ったおもちゃ「タイミングコップ」を作って、プラスチックコップをくるくると回して遊びました。コツをつかんだ子供たちは、上手にプラスチックコップを回していました。子供たちは、特に実験を楽しんで、興味深く授業に取り組むことができました。アンケートでも実験がたくさんできて楽しかった、もっと理科に興味がわいたなどのたくさんの意見がありました。