機械知能システム工学科の講義が 日本機械学会「公認CAE技能講習会」に認定されました。(3/9)

2015.05.20 2016.02.02 12:57

 機械知能システム工学科5年次開講の「数値熱流体力学」が、一般社団法人 日本機械学会より、計算力学技術者(2級)(熱流体力学分野の解析技術者)の「公認CAE技能講習会」に認定されました。
 先に認定を受けた、5年次開講の「構造計算力学」(分野:固体力学)と専攻科(生産システム工学専攻)2年次開講の「数値設計工学」(分野:固体力学)と合わせて計3科目が認定されたことになります(参考)。この「公認CAE技能講習会」の修了者は、申請により、「計算力学技術者(初級)」の認定を受けることができます。また計算力学技術者資格試験においても、2級の受験必須要件である「付帯講習(技能編)」(固体力学分野の有限要素法解析技術者)、あるいは「ソフトウェア使用経験」(熱流体力学分野の解析技術者)が免除されます。
 今回の公認は、機械知能システム工学科の講義履修の意義、卒業時の学生の設計・解析業務等の技術力の保証となります。学生には、ぜひ本校での履修中から取得に取り組んでもらいたいと考えています。

20150309A 下記に、参考URLを示します。
○計算力学技術者(CAE技術者)の資格認定
固体力学分野/熱流体力学分野/振動分野
http://www.jsme.or.jp/cee/cmnintei.htm