本校ロボコンチームがKosen Robot Show USAに参加します。(5/2-5/9)

2015.04.21 2015.05.03 09:30

 全国高等専門学校ロボットコンテスト(高専ロボコン)2014で全国優勝を果たした本校八代キャンパスロボコンチームメンバーである機械知能システム工学科5年松下祐太君、同4年野田晃司君、そして技術・教育支援センターの吉田圭吾技術職員の3名が、このほどアメリカ合衆国で開催されるKosen Robot Show USA(KRS-USA)に参加します。
 この催しは、高専教育の進化・発展につながる国際化、国際交流の推進のために実施されるもので、高専機構の包括的学術交流協定締結校であるニューヨーク市立大学クイーンズ校をはじめコロンビア大学など米国東部の大学で、全国から選抜された本校を含む3つの高専(仙台高専、鈴鹿高専)のロボコンチームが、自作ロボットの実演を行うことになっています。
 一行は5月2日(土)に日本を出発し、上記2大学の他マサチューセッツ工科大学(MIT)も訪問する予定で、本校参加者は昨年度全国大会優勝ロボット「本気(マジ)の宅配便」の2分の1スケールのミニチュアロボットを作成し、現在ロボットの実演及び英語によるプレゼンの準備に取り組んでいます。参加者には、是非本校そして日本の高専生の技術力の高さをアピールして来てもらいたいものです。

・北米高専ロボットツアーへのリンクは こちら です。

持参するロボットと吉田職員、松下君、野田君 Kosen Robot Show 告知ポスター