石田助教らの研究グループが国際会議において招待講演を行いました。(7/18)

2013.07.22 2013.07.23 09:25

共通教育科・石田明男助教、人間情報システム工学科・村上純教授、山本直樹准教授、大隈千春准教授らの研究グループが、7月17日から19日に中国・昆明市で開催された国際会議「The 2nd International Conference on Advances in Computational Modeling and Simulation」において招待講演を行いました。
タイトルは「Calculation of Fourth-Order Tensor Product Expansion by Power Method and Comparison of It with Higher-Order Singular Value Decomposition」で、4次元データの低次元化に関する研究です。会場では、活発な議論が行われました。
今年3月に情報工学科を卒業した野田巧君(現千葉大学)も研究に加わりました。

開会式の様子 石田助教の発表の様子