八代海で実施した「地引網体験」をサポートしました。 (7/28)

2013.07.30 2013.07.31 11:09

 八代市の大島において、地元の園児や小学生とその保護者を対象に地引網が実施されました。これは、やつしろ里海ネット(代表:建築社会デザイン工学科・上久保祐志 准教授)と熊本県、不知火地区漁業士会、八代漁協が共催で実施したもので、「地曳網を体験し、八代海の“海の幸”を食し、地元の海の良さと価値を知ろう!!」といったテーマで毎年実施されているものです。
 イベントでは、まず漁業者の方から漁法等についての勉強会を行った後、生物化学システム工学科・中島晃 助教より「八代海の希少生物」と題した学習会も開かれました。その後、地引網を体験してもらい、ヒラメの稚魚を放流致しました。海鮮バーベキューでは、エビ、ホタテ、ウナギ、イカ、タチウオなどのほか、カンパチの刺身も振る舞われました。この「地引網体験」には、運営スタッフとして、教職員6名、学生9名が参加し、会場設営、駐車場の誘導や海鮮バーベキューの調理、撤収作業等を終始サポートいたしました。参加した学生からは、「とても良い経験になった。いつも、イベントに参加する立場が多かったけれど、運営する側の苦労が身に染みた。また来年も是非とも参加したい」との感想が聞かれました。

jibikiami1 jibikiami2 jibikiami3