「妙見祭を伝える施設+妙見祭を楽しむグッズ」展を開催しました。(11/14-25)

2011.11.30 2011.11.30 14:11

 土木建築工学科4年生が授業「建築設計演習」の課題「妙見祭を伝える施設」で取組んだ設計作品を、11月14日(月)~25日(金)、「まちなかホームルームたまりんば」で展示しました。この課題は、今後実際に建設が期待されている妙見祭の祭り会館を設計するというものです。
 また妙見祭をテーマに建築社会デザイン工学科の森山准教授がデザインしたグッズ(トランプ、缶バッジ)、工作キット(獅子お面、亀蛇帽子、亀蛇甲羅、妙見祭絵巻ぬりえ、ピープショーシアター)も、あわせて展示しました。缶バッジは今年の妙見祭で実際に販売されました。