全国高等学校パソコンコンクール(パソコン甲子園2011)本選に参加しました。(11/5,6)

2011.11.15 2011.11.21 16:13

去る11月5日(土)、6日(日)に、福島県会津若松市「会津大学」にて開催された、「第9回 全国高等学校パソコンコンクール(パソコン甲子園2011)本選に本校八代キャンパスから機械知能システム工学科2年生の梅川君と建築社会デザイン工学科1年生の関原君のチームが参加しました。パソコン甲子園は全国の高校生及び高等専門学校生などが、情報処理技術における優れたアイディアと表現力、プログラミング能力等を競い合うことにより、生徒自身のスキルアップを図るとともに、情報化社会を支える人材の裾野を広げることを目的として、毎年1回開催されています。梅川君と関原君は本大会のプログラミング部門へ、9月15日に開催された国内予選1036名の参加者(全国39都道府県518チーム)の中から見事予選を突破しての参加となりました。
今回、本選に出場した23チームは、当日に発表されたプログラミングに関する問題に真剣に取り組み、梅川君と関原君のチームも善戦したものの入賞はなりませんでした。しかし、参加した他の高校生たちと同じ時間を共有し、プログラミングを行ったことで、とても貴重な体験をしたようです。
詳細については、パソコン甲子園2011のホームページ( http://web-ext.u-aizu.ac.jp/pc-concours/ )をご覧ください。