八代亜紀さん、熊本高専の参与に就任!

2011.05.10 2011.05.10 15:48

 熊本高専では、熊本県八代市出身で「舟唄」や「雨の慕情」(第22回日本レコード大賞受賞曲)で有名な歌手の八代亜紀さんに熊本高専の参与にご就任いただきました。八代亜紀さんは歌のほか、絵画でもすばらしい才能を発揮されており、フランス最古の絵画展「ル・サロン展」に五年連続で入選され、現在、その永久会員になっておられます。また、昨年12月20日には、文部科学省において文化活動に優れた成果を示し、文化の振興に貢献した方々の功績を讃える「文化庁長官表彰」を受賞されています。
このように、中央で芸能・芸術分野で幅広く活躍されている郷土出身の八代亜紀さんに講演をいただき、これまで歩んでこられた人生やその姿勢を学生諸君に学ばせ、これからの人生の糧としてもらいたいと参与就任をお願いしたところ、昨年12月6日に正式に承諾をいただきました。今年3月、来熊された機会に合わせて、熊本高専参与への就任セレモニーを行い、宮川校長から委嘱状が手渡されました。