終業式で本年度退職される先生方を送りました。(3/3)

2011.03.04 2011.03.04 15:39

   
3月3日(木)、八代キャンパスでは終業式が行われ、宮川校長より今年度の就職状況や恵まれた環境の中で各自が継続すべき努力について、講話がありました。また、その後、今年度で退職される先生を送る会も催されました。
退職されるのは、井上勲先生、橋本俊裕先生、内山義博先生の3人で、いずれも八代高専時代から35年以上にわたって、本校の教育研究に携わってこられた面々です。送る会での最後のコメントでも、井上先生は「ソーラー自転車開発でのテレビ局取材」のエピソードを、橋本先生は「記憶(覚えること)を大切にすること」の重要さについて、そして、内山先生は「創立当初の何もないキャンパスの様子や測量実習での苦労話」などを、三者三様の語り口で話されました。
最後には、学生会からの花束贈呈も行われ、拍手の中、3人の先生たちは、学生たちが空けた通路を通り、その花束を振りながら、笑顔で会場を後にされました。