the plastic arts部がスタッフを務めたイベント「秋の彦市」が開催されました。(10/23-24)

2010.10.26 2010.10.26 14:07

10月23日(土)~24日(日)、毎年恒例の八代市本町二丁目アーケードのイベント「秋の市」にあわせて、八代ゆかりの民話「彦一とんち話」をテーマにしたイベント「秋の彦市」を開催しました。
八代の歴史文化を活かした中心市街地の活性化策として実施されたこのイベントは、これまで「彦一とんち話」を活かしたまちづくりを提案してきたthe plastic arts部、建築社会デザイン工学科森山研究室がスタッフとして関わりました。

彦一が暮らしていた250年ぐらい前の家を空き店舗に再現し、語り部ステージとした他、彦一とんち話に登場する地を紹介するDVD上映、プロジェクターを活用した手作り紙芝居・絵本の読み聞かせ、「彦一とんち話」に登場する等身大のキャラクター看板をさがし出すゲーム「彦キャラをさがせ!」など、多彩な催しが行われました。