運営諮問会議を開催しました。(8/24)

2010.09.06 2010.09.08 14:37

 この会議は、本校の教育研究活動等の在り方について、外部有識者らの評価及び助言等の提言を踏まえ、本校での自己点検評価に関する活動を支援することを目的としたものです。

会議には国立大学関係者、地元企業関係者、地元教育関係者らの外部有識者8名を迎え、本校からは、宮川校長をはじめ熊本、八代両キャンパスの副校長、各主事及び学科長ら20名余りが出席しました。

 会議では、昨年10月に高度化再編した新高専の概要、新設3センターを含めた具体的活動、および学生の入り口、出口の状況と今後の課題について、校長、副校長が説明を行いました。これに対し各委員からは、グローバル化が進む市場の中での変化に対応できる次世代を担う学生を育ててほしいなどの貴重な提案や助言が寄せられました。

 今後は諮問会議の議論を踏まえ、各委員からの提案等を具体的に年度計画に反映させ、
積極的に取り組んでいくことを確認しました。