熊本キャンパス 八代キャンパス
情報通信
エレクトロニクス
工学科
制御情報システム
工学科
人間情報システム
工学科
共通教育科 機械知能システム
工学科
建築社会デザイン
工学科
生物化学システム
工学科
共通教育科
研究者情報(教員一覧)

著書

  1. 古賀晴香, 中澤浩二,
    "近赤外線を用いた細胞操作",
    三次元ティッシュエンジニアリング, 株式会社エヌ・ティー・エス (2015).,
  2. 古賀晴香, 中澤浩二,
    "光応答性ゲルを利用した細胞パターニング技術",
    ゲルテクノロジーハンドブック, 株式会社エヌ・ティー・エス (2014).,

学術論文

  1. Daisuke Miyamoto, Kyohei Ohno, Takuya Hara, Haruka Koga, Kohji Nakazawa,
    "Effect of separation distance on the growth and differentiation of mouse embryoid bodies in micropatterned cultures",
    Journal of Bioscience and Bioengineering, In Press.,
  2. 古賀晴香, 新二日市沙織, 中澤浩二,
    "NIR応答性金ナノロッド複合アガロースゲルを利用した細胞パターニング技術",
    高分子論文集, 71, No.10 (2014).,
  3. Kohji Nakazawa, Yukiko Yoshiura, Haruka Koga, Yusuke Sakai,
    "Characterization of mouse embryoid bodies cultured on microwell chips with different well sizes",
    Journal of Bioscience and Bioengineering, 116, 628-633 (2013).,
  4. Haruka Koga, Takao Sada, Tsuyohiko Fujigaya, Naotoshi Nakashima, Kohji Nakazawa,
    "Tailor-made cell patterning using a near-infrared-responsive composite gel composed of agarose and carbon nanotubes",
    Biofabrication, 5, 015010 (2013).,
  5. Haruka Koga, Tsuyohiko Fujigaya, Naotoshi Nakashima, Kohji Nakazawa,
    "Morphological and functional behaviors of rat hepatocytes cultured on single-walled carbon nanotubes",
    Journal of Materials Science: Materials in Medicine, 22, 2071-2078 (2011). ,

国際学会等発表

  1. Haruka Koga, Tsuyohiko Fujigaya, Naotoshi Nakashima, Kohji Nakazawa,
    "Stepwise cell patterning using a near-infrared-responsive gel",
    4th International Symposium on Surface and Interface of Biomaterials, Rome, Italy, 2013/9/24-28; Oral,
  2. Haruka Koga, Tsuyohiko Fujigaya, Naotoshi Nakashima, Kohji Nakazawa,
    "Hepatocyte behaviors on single-walled carbon nanotubes",
    TERMIS world congress,Vienna, Austria, 2012/9/5-8; Poster,
  3. Haruka Koga, Tsuyohiko Fujigaya, Naotoshi Nakashima, Kohji Nakazawa,
    "Micropatterned cell culture using near infrared-responsive carbon nanotube/agarose gel",
    The Fourth Japan-Korea Joint Symposium on Bio-microsensing Technology (4th JKBT),Kitakyushu, Japan, 2011/10/28; Poster,
  4. Haruka Koga, Takao Sada, Tsuyohiko Fujigaya, Naotoshi Nakashima, Kohji Nakazawa,
    "Cell micropatterning technique using carbon nanotube/agarose composite gel",
    International Conference on Biofabrication, Toyama, Japan, 2011/10/6-8; Poster,
  5. Haruka Koga, Yukiko Yoshiura, Tsuyohiko Fujigaya, Naotoshi Nakashima, Kohji Nakazawa,
    "Hepatocyte Spheroid Culture using Agarose Microwell Chip",
    The TERMIS Asia Pacific 2011 Annual Conference, Singapore, 2011/8/3-5; Poster,

国内学会等発表

  1. 古賀晴香, 藤ヶ谷剛彦, 中嶋直敏, 中澤浩二,
    "光応答性ハイドロゲルを用いたミクロ細胞組織体形成技術の開発",
    第36回日本バイオマテリアル学会大会,, 東京, 2014/11/17-18; Oral,
  2. 古賀晴香, 藤ヶ谷剛彦, 中嶋直敏, 中澤浩二,
    "NIR応答性ゲルを用いたマイクロ細胞組織体の形成と回収技術の開発",
    化学工学会第46回秋季大会, 九州大学, 2014/9/17-19; Oral,
  3. 古賀晴香, 藤ヶ谷剛彦, 中嶋直敏, 中澤浩二,
    "CNT複合アガロースゲルによるテーラーメイド細胞パターニング技術の開発",
    第35回日本バイオマテリアル学会大会, 東京, 2013/11/25-26; Oral,
  4. 古賀晴香, 藤ヶ谷剛彦, 中嶋直敏, 中澤浩二,
    "NIR応答性ゲルを用いたライブパターニング技術",
    化学工学会第78回年会, 大阪, 2013/3/17-19; Oral,
  5. 古賀晴香, 白木原愛, 藤ヶ谷剛彦, 中嶋直敏, 中澤浩二,
    "光応答性材料を用いたフレキシブル細胞パターニング技術",
    化学工学会第44回秋季大会, 宮城, 2012/9/19-21; Oral,
  6. 古賀晴香, 藤ヶ谷剛彦, 中嶋直敏, 中澤浩二,
    "CNT複合アガロースゲルによる2D/3Dパターニング培養",
    バイオマテリアル学会 第2回九州地区講演会, 九州大学, 2012/9/14; Poster,
  7. 古賀晴香,
    "細胞チップ材質が肝細胞スフェロイド形成に与える効果",
    高分子学会 平成23年九州支部特別講演会, 大分, 2011/12/9; Oral,
  8. 古賀晴香, 吉浦由貴子, 藤ヶ谷剛彦, 中嶋直敏, 中澤浩二,
    "肝細胞スフェロイド培養のためのマイクロウェルチップの開発",
    第24回日本動物実験代替法学会 学術大会, 宮城, 2011/11/10-12; Poster,
  9. 古賀晴香, 吉浦由貴子, エンイチタン, 中澤浩二,
    "細胞チップ材質が肝細胞スフェロイド形成に与える効果",
    第48回化学関連支部合同九州大会, 北九州, 2011/7/9; Poster,
  10. 古賀晴香,
    "光応答性材料を利用した細胞パターニング技術の開発",
    化学工学会 平成23年度九州支部学生賞審査会, 北九州, 2011/7/9; Oral,

解説・総説

  1. 古賀晴香, 中澤浩二,
    "幹細胞胚様体のパターニング培養",
    細胞, 44, 370-373 (2012).,