熊本キャンパス 八代キャンパス
情報通信
エレクトロニクス
工学科
制御情報システム
工学科
人間情報システム
工学科
共通教育科 機械知能システム
工学科
建築社会デザイン
工学科
生物化学システム
工学科
共通教育科
研究者情報(教員一覧)

学位論文

  1. 岩坪要(熊本高専),
    "低降伏比高張力鋼を用いた薄肉部材の強度と変形能特性に関する研究(博士論文)",
    熊本大学,平成11年3月
  2. 岩坪要(熊本高専),
    "圧縮と曲げを受ける高張力鋼H形部材の連成座屈に関する研究 (修士論文)",
    熊本大学,平成8年2月

著書

  1. 熊本産業遺産研究会,熊本まちなみトラスト 編集,
    "熊本の近代化遺産【下】",
    弦書房,平成26年1月
  2. 研究分科会委員,
    "「くまもとの著名な文化財(建造物)の現状と活用」講習会テキスト",
    九州橋梁構造・材料研究会(KABSE),平成18年12月
  3. 研究分科会委員,
    "土木遺産の文化財としての保存・活用する技術に関する研究分科会 報告書",
    九州橋梁構造・材料研究会(KABSE),平成18年6月

学術論文

  1. 河野恭生,松家武樹,岩坪要,堀井克章,
    "尿素を用いたPCグラウトの諸特性(査読付)",
    プレストレストコンクリート工学会第25回シンポジウム論文集,pp.125-130,平成28年10月
  2. 斉木功,川村航太,岩坪要,岩熊哲也,
    "非線形有限要素解析による鋼ランガー橋の冗長性に関する基礎的考察(査読付)",
    構造工学論文集,Vol.62A,pp.61-71,平成28年3月
  3. 岩坪要,東山祐樹,宮下剛,葛西昭,玉田哲也,
    "老朽化したランガー橋の振動計測(査読付)",
    土木構造・材料論文集,第31号,pp.25-34,平成27年12月
  4. 岩坪要,斉木功,寺本有優美,
    "少数主桁連続橋でのリダンダンシー解析の試み(査読付)",
    鋼構造年次論文報告集,第23巻,pp.378-385,平成27年11月
  5. 岩坪要(熊本高専),上久保祐志(熊本高専),川越浩正(ジオデザイン), ,
    "段階的目標設定による大型課題演習プログラムの実践例(査読付)",
    論文集「高専教育」,第33号,pp.553-558,平成22年3月
  6. 岩坪要(熊本高専),反頭昭子(熊本高専),山下智子(熊本高専),
    "インターネットが関係する諸問題に対応する教育プログラムの実践(査読付)",
    論文集「高専教育」,第33号,pp.559-564,]
  7. 岩坪要,
    "湿度に着目した耐候性鋼板の曝露試験(査読付)",
    鋼構造年次論文報告集,第17巻,pp.715-722,平成21年11月
  8. 岩坪要,
    "暴露試験による鋼材の腐食過程について(査読付)",
    鋼構造年次論文報告集,第16巻,pp.595-602 ,平成20年11月
  9. 渕田邦彦,大河内康正,村田秀明,金田照夫,小林幸人,岩坪要,
    "総合教育プログラムに基づく教育活動の展開(査読付)",
    論文集「高専教育」,第31号,pp.271-276,平成20年3月
  10. 岩坪要,
    "八代高専における初年度技術者教育(査読付)",
    工学教育,Vol.55,No.3,pp.171-176,平成19年5月
  11. 山口栄輝,中村聖三,廣門公二,森田千尋,園田佳巨,麻生稔彦,渡辺浩,山口浩平,岩坪要,
    "九州・山口地区における耐候性鋼橋梁の実態調査(査読付)",
    土木学会論文集A,Vol.62,No.2,pp.243-254,平成18年3月
  12. 内山義博,山尾敏孝,岩坪要,平井一男,
    "テーパーのある梁構造解析における相似形メッシュ法の適用について(査読付)",
    応用力学論文集,Vol.5,pp.141-150,平成14年8月
  13. Toshitaka Yamao,Kaname Iwatsubo,T. Yamamuro,M. Ogushi, Shinya Matsumura,
    "Steel bridge piers with inner cruciform plates under cyclic loading(査読付)",
    Thin-Walled Structures, Vol.40, pp.183-197,平成14年2月
  14. 松村新也,原岡雅史,岩坪要,山尾敏孝,
    "十字型補剛壁を有する鋼製橋脚の耐震性能に関する研究(査読付)",
    構造工学論文集,Vol.47A,pp.809-818,平成13年3月
  15. 岩坪要,山尾敏孝,小串正明,岡本鉄也,
    "補剛箱形断面部材の曲げ繰り返し挙動特性(査読付)",
    第2回鋼構造物の非線形数値解析と耐震設計の応用に関する論文集,pp.233-240,平成10年1月
  16. 山尾敏孝,岩坪要,﨑元達郎,
    "降伏比が異なる高張力鋼を用いた短柱の耐荷力と変形能力に関する実験的研究(査読付)",
    構造工学論文集,Vol.43A,pp.147-154,平成9年3月
  17. 岩坪要,山尾敏孝,
    "座標変換により誘導した平面三角形要素を用いた薄肉鋼構造物の非線形解析について(査読付)",
    土木構造・材料論文集,第11号,pp.25-32,平成7年12月

研究紀要

  1. 岩坪要(熊本高専),
    "既設のニールセンローゼ橋の構造特性について",
    熊本高等専門学校 研究紀要 第4号, pp.94-97,平成24年12月
  2. 岩坪要,山尾敏孝,藤本武士,
    "圧縮を受ける圧延H形断面鋼部材の連成座屈強度に関する研究(査読付)",
    八代高専紀要,第23号,pp.69-76,平成13年3月
  3. 岩坪要,山尾敏孝,
    "低降伏比高張力鋼部材の耐荷力特性に関する研究(査読付)",
    八代高専紀要,第23号,pp.61-68,平成13年3月
  4. Kaname Iwatsubo, Toshitaka Yamao,
    "An experimental study on the ultimate strength and behavior of members made of high strength steel with low-yield ratio(査読付)",
    熊本大学工学部紀要,第45巻,第1号,pp.1-13,平成12年4月
  5. 岩坪要,山尾敏孝,﨑元達郎,日野雅夫,
    "低降伏比高張力鋼で構成されたH形断面短柱の耐荷力と変形能に関する研究(査読付)",
    八代高専紀要,第22号,pp.45-53,平成12年3月

国内学会等発表

  1. 岩坪要,別城小百合,山岸千夏,
    "2016年熊本地震と過去の内陸地震との応答比較実験",
    平成28年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集(CD-ROM),Ⅰ-016(pp.31-32),平成29年3月
  2. 竹田翼,斉木功,岩坪要,熊谷宏之,岩熊哲夫,
    "非線形ばね要素を用いた連続非合成多主桁橋のリダンダンシー評価に関する数値的検討",
    東北支部技術研究発表会講演概要集Vol.54,Ⅰ-4,平成29年3月
  3. 熊谷宏之,斉木功,岩坪要,竹田翼,岩熊哲夫,
    "連続非合成多主桁橋のリダンダンシーに及ぼす横桁・対傾構の影響に関する数値的検討",
    東北支部技術研究発表会講演概要集Vol.54,Ⅰ-5,平成29年3月
  4. 梶田幸秀,葛西昭,岩坪要,平野翔也,
    "2016熊本地震における地方公共団体管理橋梁の被害調査報告",
    第36回地震工学研究発表会論文集,A11-992,平成28年10月
  5. 岩坪要,伊津野省吾,斉木功,
    "幾何学的非線形を考慮した少数主桁連続橋の冗長性に関する検討",
    土木学会第71回年次学術講演会概要集?(CD-ROM),Ⅰ-018(pp.651-652) ,平成28年9月
  6. 熊谷宏之,斉木功,岩坪要,岩熊哲夫,
    "連続多主桁橋のリダンダンシー解析における床版のモデル化に関する一考察",
    土木学会第71回年次学術講演会概要集 (CD-ROM),Ⅰ-020(pp.651-652),平成28年9月
  7. 岩坪要,斉木功,伊津野省吾,
    "損傷した鋼連続橋の終局挙動について(ポスター)",
    MSC.Software Users Conference 2016,平成28年6月
  8. 岩坪要,東山祐樹,宮下剛,葛西昭,玉田哲也,
    "56年間供用したランガー桁橋の振動計測",
    平成27年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集(CD-ROM),Ⅰ-048(pp.95-96),平成28年3月
  9. 徳田啓太,岩坪要,岩部司,中村裕一,
    "爆発による地盤中応力波の伝播に関する基礎実験",
    平成27年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集(CD-ROM),Ⅰ-018(pp.35-36),平成28年3月
  10. 岩坪要,寺本有優美,斉木功,
    "少数主桁連続橋のリダンダンシー解析について",
    土木学会第70回年次学術講演会概要集(CD-ROM),(平成27年9月発行予定),平成27年9月
  11. 川村航太,斉木功,岩坪要,岩熊哲夫,
    "非線形有限要素解析による鋼ランガー橋の冗長性評価の試み",
    土木学会第70回年次学術講演会概要集(CD-ROM),(平成27年9月発行予定),平成27年9月
  12. 岩坪要,斉木功,寺本有優美,
    "少数主桁連続橋のリダンダンシー解析(ポスター)",
    MSC.Software Users Conference 2015,平成27年6月
  13. 熊谷宏之,斉木功,岩坪要,塚田健一,岩熊哲夫,
    "損傷を有する連続多主桁橋のリダンダンシーに及ぼす構造要因に関する考察",
    平成26年度土木学会東北支部技術発表会(CD-ROM),Ⅰ-6,平成27年3月
  14. 川村航太,斉木功,岩坪要,岩熊哲夫,
    "非線形有限要素解析による鋼ランガー橋の冗長性評価",
    平成26年度土木学会東北支部技術発表会(CD-ROM),Ⅰ-49,平成27年3月
  15. 岩坪要(熊本高専),尾﨑弘治(熊本高専5年),
    "モーションキャプチャシステムを用いたアーチ模型の振動実験",
    土木学会第69回年次学術講演会概要集(CD-ROM),CS7-001(pp.1-2),平成26年9月
  16. 岩坪要(熊本高専),尾﨑弘治(熊本高専5年),
    "モルタルブロックアーチ模型の振動実験",
    平成25年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集(CD-ROM),Ⅰ-53(pp.105-106),平成26年3月
  17. 磯道晃智(熊本高専5年),岩坪要(熊本高専),
    "MEMS加速度センサを用いたモニタリングデバイスの開発",
    第19回高専シンポジウム in 久留米,講演概要集,p.508,平成26年1月
  18. 岩坪要(熊本高専),阪田眞史(熊本高専5年),北園俊朗(熊本高専5年),冨井沢郎(熊本高専5年),
    "部分的な板厚減少がH型短柱部材の耐荷力挙動に与える影響について",
    平成24年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集(CD-ROM),Ⅰ-59(pp.117-118),平成25年3月
  19. 岩坪要(熊本高専),上久保祐志(熊本高専),
    "防災をテーマにした技術者教育の実践報告",
    平成24年度高専シンポジウム in 仙台,平成25年1月
  20. 岩坪要(熊本高専),山本和弥(熊本高専5年),森本陽介(熊本高専5年),
    "部分的な板厚減少部を施した短柱部材の純圧縮実験",
    土木学会第67回年次学術講演会概要集 (CD-ROM),Ⅰ-015(pp.29-30),平成24年9月
  21. 岩坪要,
    "災害に備える~地震防災対策の最前線~",
    くまもと県民カレッジ「キャンパスパレア」夏学びinパレア 講師,平成24年8月
  22. 岩坪要(熊本高専),山本和弥(熊本高専5年),森本陽介(熊本高専5年),
    "部分的な板厚減少部分を有する短柱部材の純圧縮実験",
    平成23年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集(CD-ROM),Ⅰ-59(pp.117-118),平成24年3月
  23. 岩坪要(熊本高専),山本和弥(熊本高専5年),森本陽介(熊本高専5年),
    "局部的な板厚減少部分を有するH型短柱部材の耐荷力実験",
    第17回高専シンポジウム in 熊本 講演要旨集,p.314,平成24年1月
  24. 浦野登志雄(熊本高専),内山義博(熊本高専),岩部司(熊本高専),中村雄一(熊本高専),岩坪要(熊本高専),上久保祐志(熊本高専),
    "熊本高専建設材料試験所の取り組みについて",
    第16回高専シンポジウム in 米子 講演要旨集,p.260,平成23年1月
  25. 宮原真雄,岩坪要,湯治準一郎,
    "学生実験用振動台の作製",
    第16回高専シンポジウム in 米子 講演要旨集,p.349(ポスター発表),平成22年1月
  26. 岩坪要,上久保祐志,
    "安心・安全な学校・地域づくり 登下校時の地震対策について",
    日奈久小学校 学校保健委員会 講師,平成22年1月
  27. 岩坪要,
    "防災をテーマにした演習科目の実践例とその工夫",
    茨城大学工学部FD研修会 基調講演 講師,平成21年12月
  28. 岩坪要,上久保祐志,川越浩正,
    "防災をテーマにした技術者教育の実践",
    平成21年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集(CD-ROM),Ⅳ-41,平成22年3月
  29. 岩坪要,上久保祐志,川越浩正,
    "GISを用いた防災をテーマにした演習科目の実践例",
    第34回土木情報利用技術シンポジウム 講演集,Ⅱ-14,平成21年10月
  30. 岩坪要,
    "耐候性鋼材の腐食進行と湿度との関係について",
    土木学会・第64回年次学術講演会講演概要集(CD-ROM版),Ⅰ-58,平成21年9月
  31. 岩坪要,宇田将人,
    "湿潤状態を想定した耐候性鋼暴露試験の試み",
    平成20年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集(CD-ROM),Ⅰ-36(pp.71-72),平成21年3月
  32. 岩坪要,
    "暴露試験による鋼材の腐食過程について",
    鋼構造シンポジウム2008 アカデミーセッション 講演会,pp.595-602,平成20年11月
  33. 岩坪要,
    "LYR鋼の耐荷力に関する研究",
    東海構造研究グループ(SGST),平成20年度10月度定期研究会 特別講演会,平成20年10月
  34. 岩坪要,磯﨑高純,江島良介,
    "暴露試験による鋼材の腐食状況の経過観察について",
    土木学会・第63回年次学術講演会講演概要集(CD-ROM版),Ⅰ-430,平成20年9月
  35. 磯﨑高純,岩坪要,江島良介,
    "簡易的な暴露試験による鋼材の腐食進展状況について",
    平成19年度 土木学会西部支部 研究発表会 講演概要集,pp.59-60,平成20年3月
  36. 松下幸美,山尾敏孝,水田洋司,重石光弘,二宮公紀,岩坪要,平嶋孝,川越浩正,工藤伸,岩内明子,
    "くまもとの著名な文化財(建造物)の現状と活用」~姫井橋、旧津奈木隧道・旧佐敷隧道、郡築樋門、旧末広開・旧明丑開の樋門・堰堤~",
    KABSE講習会「くまもとの著名な文化財(建造物)の現状と活用」~姫井橋、旧津奈木隧道・旧佐敷隧道、郡築樋門、旧末広開・旧明丑開の樋門・堰堤~,平成18年12月
  37. 岩坪要,
    "薄肉鋼部材の終局強度と変形能特性に関する研究",
    土木学会西部支部 大韓土木学会交流訪問事業 Korea(BUGB)-Japan(SC) Joint Seminar on Civil Engineering,Busan, Korea, 2006.,平成18年11月
  38. 渕田邦彦,大河内康正,村田秀明,金田照夫,小林幸人,岩坪要,
    "総合教育プログラムに基づいた高専における教育活動の展開",
    平成18年度 日本工学教育年次大会,平成18年7月
  39. Wang ZhanFei,Toshitaka YAMAO,Zenta ISHII,Kaname IWATSUBO,
    "Applicability of Static-Dynamic Verification Method for Seismic Design of Bridge Piers with Inner Cruciform Walls",
    The Second International Conference on Steel & Composite Structures (ICSCS’04),Seoul, Korea, pp.789-798,平成16年9月
  40. 桐野三朗,松村新也,岩坪要,山尾敏孝,
    "比較的幅厚比の大きい鋼製箱型断面における十字型補剛壁の補剛効果",
    平成13年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,pp.A-4-A-5,平成14年3月
  41. Toshitaka Yamao,Kaname Iwatsubo,Muneaki Itoh,Shinya Matsumura,
    "Experimental Study on Ductility and Seismic Behavior of Steel Tubular Bridge Piers under Cyclic Loading",
    Sixth Pacific Structural Steel Conference (PSSC2001), Beijing, China, pp.502-507,平成13年10月
  42. 松村新也,山尾敏孝,伊藤宗昭,伊藤正吉,岩坪要,
    "鋼製円形橋脚における十字型壁の補剛効果に関する研究",
    土木学会・第56回年次学術講演会講演概要集第1部(A)・(CD-ROM版),Ⅰ-A283,平成13年9月
  43. Shinya Matsumura,Toshitaka Yamao,Masashi Haraoka,Kaname Iwatsubo,
    "Cyclic Behavior and Ductility of Steel Box Cross-Section Bridge Piers with Inner Cruciform Walls",
    The First International Conference on Steel & Composite Structures (ICSCS’01),Pusan, Korea, pp.1597-1604,平成13年6月
  44. 松村新也,山尾敏孝,岩坪要,
    "鋼製橋脚における十字型補剛壁の補剛効果の評価",
    平成12年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,pp.A-50-A-51,平成13年3月
  45. Kaname Iwatsubo,Toshitaka Yamao,Masaaki Ogushi,
    "Experimental study on steel bridge piers with inner cruciform plates subjected to cyclic lateral loads",
    The Seventh International Symposium on Structure Failure and Plasticity (IMPLAST 2000),Melbourne, Australia, pp.667-672,平成12年10月
  46. 桐野三朗,松村新也,岩坪要,山尾敏孝,
    "十字型補剛材を有する鋼製橋脚の非線形動的解析",
    土木学会・第55回年次学術講演会講演概要集第1部(B)・(CD-ROM版),Ⅰ-B467,平成12年9月
  47. 岩坪要,
    "低降伏比高張力鋼を用いた薄肉鋼構造物の耐荷力特性について",
    日本金属学会九州支部/日本鉄鋼協会九州支部・合同秋季講演会講演概要集,pp.35-46,平成12年9月
  48. 岩坪要,山室孝幸,小串正明,山尾敏孝,
    "十字型補剛材を有する鋼製橋脚の変形能に関する実験",
    土木学会・第54回年次学術講演会講演概要集第1部(A),pp.528-529,平成11年9月
  49. 小串正明,山尾敏孝,岩坪要,
    "十字型補剛材を有する鋼製橋脚の変形能特性について",
    土木学会・第54回年次学術講演会講演概要集第1部(A),pp.526-527,平成11年9月
  50. 小串正明,山尾敏孝,岩坪要,山室孝幸,
    "十字型鋼材を有する鋼製橋脚の変形性能について",
    平成10年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,pp.18-19,平成11年3月
  51. 小串正明,山尾敏孝,岡本鉄也,岩坪要,
    "鋼補剛箱形断面部材の曲げ繰り返し挙動特性について",
    土木学会・第53回年次学術講演会講演概要集第1部(A),pp.208-209,平成10年9月
  52. 岩坪要,山尾敏孝,小串正明,上村博充,
    "補剛断面を有する鋼製橋脚の変形性能と耐震性評価について",
    土木学会・第53回年次学術講演会講演概要集第1部(A),pp.206-207,平成10年9月
  53. 岡本鉄也,山尾敏孝,岩坪要,上村博充,
    "鋼補剛箱形断面部材の曲げ繰り返し挙動特性について",
    平成9年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,pp.38-39,平成10年3月
  54. 岩坪要,山尾敏孝,村田要,上村博充,
    "低降伏比鋼を用いたH形部材の曲げ強度と挙動特性",
    土木学会・第52回年次学術講演会講演概要集第1部(A),pp.108-109,平成9年9月
  55. Toshitaka Yamao , Kaname Iwatsubo , Tatsuro Sakimoto,
    "Ultimate Strength and Ductility of Welded H-section Members made of High Strength Steel with Low-Yield-Ratio",
    Structural Stability Research Council , Toronto , Canada , pp.147-160,平成9年7月
  56. Kaname Iwatsubo , Takuya Koganemaru , Toshitaka Yamao , Tatsuro Sakimoto,
    "Bending Strength and Ductility of H-Section Members made of High-Strength Steel with Low-Yield-Ratio",
    5th International Colloquium on Stability and Ductility of Steel Structures (SDSS '97) , Nagoya , Japan , pp.981-988,平成9年7月
  57. 村田要,山尾敏孝,岩坪要,伊藤健,
    "低降伏比鋼H形部材の曲げ座屈挙動特性について",
    平成8年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,pp.72-73,平成9年3月
  58. 小金丸卓哉,山尾敏孝,岩坪要,元田智也,
    "低降伏比鋼H形断面部材の曲げ強度と変形能特性について",
    土木学会・第51回年次学術講演会講演概要集第1部(A),pp.104-105,平成8年9月
  59. 元田智也,山尾敏孝,小金丸卓哉,岩坪要,
    "低降伏比鋼H形断面部材の曲げ挙動実験",
    土木学会・第51回年次学術講演会講演概要集第1部(A),pp.102-103,平成8年9月
  60. 上村博充,山尾敏孝,石丸淳也,岩坪要,
    "材料特性を考慮した鋼箱形断面部材の曲げ挙動解析に関する研究",
    土木学会・第51回年次学術講演会講演概要集第1部(A),pp.98-99,平成8年9月
  61. 元田智也,山尾敏孝,小金丸卓哉,浦山剛,岩坪要,
    "低降伏比鋼H形断面部材の曲げ挙動に関する実験",
    平成7年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,pp.34-35,平成8年3月
  62. 上村博充,山尾敏孝,石丸淳也,岩坪要,
    "曲げを受ける高張力鋼箱形断面部材の挙動に関する実験",
    平成7年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,pp.32-33,平成8年3月
  63. Toshitaka Yamao , Tatsuro Sakimoto , Kaname Iwatsubo,
    "Ultimate strength and behavior of box-section stub-columns made of high-strength steel with low-yield-ratio",
    4th Pacific Structural Steel Conference (PSSC ’95) , Singapore , pp.253-260,平成7年10月
  64. Toshitaka Yamao , Tatsuro Sakimoto , Kaname Iwatsubo,
    "Strength and behavior of stub-columns made of high-strength steel with low-yield-ratio",
    The International Colloquium Stability of Steel Structure , Hungary , Budapest , pp.111-117, Sep.21~23,平成7年9月
  65. 岩坪要,山尾敏孝,日野雅夫,
    "新平面応力要素を用いた弾塑性有限変位解析法の精度について",
    平成5年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,pp.42-43,平成6年3月