研究者情報:合志和洋 (熊本高等専門学校 人間情報システム工学科 准教授)

学位論文

  1. 合志和洋,
    "人間を対象とした移動体追尾システムに関する研究",
    豊橋技術科学大学, 平成11年6月

学術論文

  1. Kazuhide Uesugi, Yoshinori Adachi, Hirohito Shintani, Kazuhiro Koshi, Isao Tsunoda, and Kimiyasu Kiyota,
    "Development of a Gait Training System that Realizes Reduction of Lumbago by Improving Walking Posture and Correcting Bowleg",
    Journal of International Society of Life Information Science, Mar. 2018

国際学会等発表

  1. Kimiyasu Kiyota, Taisuke Nakamichi, Kazuhiro Koshi, Manabu Shimakawa, Atsushi Sasaki, Tatsuhide Kimura, and Naoko Ochi,
    "Practical Application of a Pen-based Memo Pad System for the Visually Disabled",
    The 5th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing, EX-6, Sep. 2017
  2. Kimiyasu Kiyota, Kazuhiro Koshi, Masazumi Miyoshi, and Manabu Shimakawa,
    "A pen-based note-taking system for elderly people with visual disabilities",
    29th Annual International Technology and Persons with Disabilities Conference, BLV-046, San Diego (USA), Mar. 2014

国内学会等発表

  1. 清田公保,合志和洋,島川学,佐々木敦,木村龍英,越智奈央子,
    "中途視覚障害者のための問診支援用ペン入力メモ帳システムの実用化",
    日本福祉工学会第21回学術講演会講演論文集,311,pp.67-68, 平成29年11月
  2. 中野光臣,合志和洋,清田公保,
    "遠隔操作可能な手のひら書きを用いた視覚障害者支援装置の開発",
    日本福祉工学会第2回九州支部大会講演論文集,OS-6,pp.52-53, 平成29年11月
  3. 山口元輝,合志和洋,清田公保,
    "ペンインターフェースによる聴覚障害者支援字幕システムの開発",
    Japan ATフォーラム2017講演論文集,pp.16-17, 平成29年9月
  4. 清田公保,合志和洋,三好正純,中野光臣(熊本高専),竹島久志(仙台高専),佐々木敦(釧路高専),野口健太郎(沖縄高専),
    "特別支援教育における合理的配慮を考慮したICTツール活用時の学習の見える化システムの開発",
    日本福祉工学会第20回学術講演会講演論文集,606,pp.83-84, 2016年(平成28年)11月
  5. 宮崎悠史,合志和洋,清田公保(熊本高専),
    "顔表情認識と音声認識を用いた高齢者向けのコミュニケーションシステムの開発",
    日本福祉工学会九州支部発足記念大会講演会講演論文集,PS-20,pp.48-49, 2016年(平成28年)10月
  6. 深澤希一,合志和洋,清田公保(熊本高専),
    "中途視覚障害者のための理療問診用簡易手書きメモシステムの実用化",
    日本福祉工学会九州支部発足記念大会講演会講演論文集,PS-6,pp.20-21, 2016年(平成28年)10月
  7. 清田公保,合志和洋,中野光臣,三好正純,柴里弘毅,大塚弘文(熊本高専),吉本定信(香川高専),秋口俊輔,大橋千里(富山高専),佐々木敦(釧路高専),竹島久志(仙台高専),江崎修央(鳥羽商船高専),白濱成希(北九州高専),神里志穂子,眞喜志隆,野口健太郎,佐竹卓彦(沖縄高専),
    "特別支援学校における児童生徒の「学習効果の見える化」アプリの開発",
    Japan ATフォーラム2016講演論文集,pp.81-82, 2016年(平成28年)9月
  8. 深澤希一,合志和洋,清田公保(熊本高専),
    "中途視覚障害者支援用ペン型理療面接用手書きメモシステムの開発",
    Japan ATフォーラム2016講演論文集,pp.21-22, 2016年(平成28年)9月
  9. 中野光臣,清田公保,合志和洋(熊本高専),
    "距離センサを用いた教育支援機器の開発",
    日本福祉工学会第19回学術講演会講演論文集,308,pp.41-42, 2015年(平成27年)11月
  10. 才木龍生,中野光臣,清田公保,合志和洋(熊本高専),
    "携帯端末を利用した視覚障害者の単独行動支援手法の検討",
    日本福祉工学会第19回学術講演会講演論文集,605,pp.81-82, 2015年(平成27年)11月
  11. 清田公保,合志和洋,島川学,中林大輔(熊本高専),
    "中途視覚障害者の理療面接用手書き簡易メモシステムの開発",
    日本福祉工学会第19回学術講演会講演論文集,606,pp.83-84, 2015年(平成27年)11月
  12. 才木龍生,清田公保,中野光臣,合志和洋(熊本高専),
    "歩行動作取得による視覚障害者向けナビゲーション手法の検討",
    第14回電子情報系高専フォーラム論文集,pp.45-48, 2015年(平成27年)11月
  13. 才木龍生,清田公保,中野光臣,合志和洋(熊本高専),
    "携帯端末内蔵センサを用いた視覚障害者ナビゲーション手法の検討",
    Japan ATフォーラム2015講演論文集,pp.15-16, 2015年(平成27年)9月
  14. 清田公保,中林大輔,合志和洋,島川学(熊本高専),
    "iPad版視覚障害者用手書き電子メモシステムの開発",
    Japan ATフォーラム2015講演論文集,pp.37-38, 2015年(平成27年)9月
  15. 清田公保,三好正純,合志和洋,大塚弘文,柴里弘毅(熊本高専),
    "学びの教育効果を見える化するためのクラウド活用システム",
    Japan ATフォーラム2015講演論文集,pp.39-40, 2015年(平成27年)9月
  16. 濱洲竜斗,中野光臣,清田公保,合志和洋(熊本高専),
    "NIRSを利用した映像と振動の複合提示時の脳内血液量の評価",
    第33回計測自動制御学会九州支部学術講演会演会論文集,pp.183-186, 2014年 (平成26年) 12月
  17. 古庄泰隆,合志和洋,清田公保(熊本高専),
    "DeepLearningを用いた多様な環境に対応した徘徊患者検出",
    日本福祉工学会第18回学術講演会講演論文集,404,pp.55-56, 2014年 (平成26年) 11月
  18. 濱洲竜斗,合志和洋(熊本高専),
    "NIRSを利用した映像と振動の複合提示時の脳内血液量の変化",
    第13回電子情報系高専フォーラム論文集,pp.85-88, 2014年 (平成26年) 11月
  19. 濱洲竜斗,清田公保,中野光臣,合志和洋(熊本高専),
    "生体機能計測による感性評価に関する研究―振動イスによる脳内血液量の計測―",
    Japan ATフォーラム2014講演論文集,pp.47-48, 2014年 (平成26年) 8月
  20. 濱洲竜斗,清田公保,合志和洋(熊本高専),
    "香り刺激に対する脳内血液量の変化",
    第12回電子情報系高専フォーラム論文集,pp.73-74, 2013年 (平成25年) 9月
  21. 清田公保,合志和洋,三好正純(熊本高専),伊藤和之(国立リハセンター),
    "改ざん防止機能付き視覚障碍者向けペン入力方式電子カルテシステムの構想",
    第4回福祉情報教育フォーラム講演論文集,pp.31-32, 2013年 (平成25年) 8月
  22. 内田隼人,清田公保,合志和洋,島川学(熊本高専),江崎修央(鳥羽商船高専),伊藤和之(国立リハセンター),
    "中途視覚障害者のためのユビキタス指向簡易メモ帳システムの操作性の向上",
    第38回感覚代行シンポジウム発表論文集,pp.31-34, 2012年 (平成24年) 9月
  23. 松田和也,清田公保,合志和洋(熊本高専),
    "ルディックウォークが高齢者に与える歩行効果の検証",
    第11回電子情報系高専フォーラム論文集,pp.23-26, 2012年 (平成24年) 9月
  24. 内田隼人,清田公保,合志和洋(熊本高専),
    "中途視覚障害者のためのユビキタス指向簡易メモ帳システムの操作性の向上",
    第11回電子情報系高専フォーラム論文集,pp.19-22, 2012年 (平成24年) 9月
  25. 永田正伸,大塚弘文,柴里弘毅,三好正純,清田公保,合志和洋,下田貞幸,開豊,山下徹(熊本高専),
    "室内用パーソナルモビリティ装置(STAVi)を活用した学校教育環境ユニバーサル構想プロジェクト(第2報)",
    第3回福祉情報教育フォーラム講演論文集,pp.60-61, 2012年 (平成24年) 9月
  26. 内田隼人,松田和也,合志和洋,島川学,西山英治,清田公保(熊本高専),
    "中途視覚障害者のためのペン入力方式による音声出力簡易メモ帳システムの開発",
    第3回福祉情報教育フォーラム講演論文集,pp.58-59, 2012年 (平成24年) 9月
  27. 合志和洋(熊本高専),
    "ヒューマン情報技術に関する研究",
    第2回情報科学と信号処理研究会資料, 2012年 (平成24年) 9月
  28. 賀久和弥,清田公保,合志和洋,島川学(熊本高専),江崎修央(鳥羽商船高専),伊藤和之(国立リハセンター),
    "中途視覚障碍者のための理療問診用オンライン手書きメモシステムの開発",
    第37回感覚代行シンポジウム発表論文集,pp.57-60, 2011年 (平成23年) 12月
  29. 永田正伸,大塚弘文,柴里弘毅,三好正純,清田公保,合志和洋,下田貞幸,開豊,山下徹(熊本高専),
    "室内用パーソナルモビリティ装置(STAVi)を活用した学校教育環境ユニバーサル構想プロジェクト",
    第2回福祉情報教育フォーラム講演論文集,pp.29-30, 2011年 (平成23年) 11月
  30. 大吉健洋,合志和洋,古賀広昭(熊本高専),
    "ベッド上での文章作成による寝たきり者の脳血流特性・感性特性",
    ヒューマンライフ情報技術研究会報告書,HIT2010-3, 2011年 (平成23年) 3月
  31. 宮本怜,清田公保,合志和洋(熊本高専),
    "感情を伴う擬人化エージェントによるコミュニケーション支援システムの開",
    第9回電子情報系高専フォーラム論文集,pp.39-42 , 2010年 (平成22年) 11月
  32. 賀久和弥,清田公保,合志和洋(熊本高専),
    "中途視覚障がい者のためのペン入力による音声記録アノテーションシステムの開発 ",
    第9回電子情報系高専フォーラム論文集,pp.35-38, 2010年 (平成22年) 11月
  33. 宮本怜,清田公保,合志和洋(熊本高専),
    "顔表情変化を伴う擬人化エージェントによるコミュニケーション支援システムの開発",
    第18回電子情報通信学会九州支部学生会講演会論文集,A-32 , 2010年 (平成22年) 9月
  34. 賀久和弥,清田公保,合志和洋(熊本高専),
    "中途視覚障害者のためのペン入力による音声記録アノテーションシステムの開発",
    第18回電子情報通信学会九州支部学生会講演会論文集,A-31, 2010年 (平成22年) 9月
  35. 原田智広,清田公保,合志和洋(熊本高専),
    "マーカ認識による位置姿勢推定を用いた車椅子ナビゲーションシステムの開発",
    第18回電子情報通信学会九州支部学生会講演会論文集,A-30 , 2010年 (平成22年) 9月
  36. 濱洲竜斗,中野光臣,清田公保,合志和洋(熊本高専),
    "NIRSを利用した映像と振動の複合提示時の脳内血液量の評価",
    第33回計測自動制御学会九州支部学術講演会演会論文集,pp.183-186, 2014年 (平成26年) 12月
  37. 古庄泰隆,合志和洋,清田公保(熊本高専),
    "DeepLearningを用いた多様な環境に対応した徘徊患者検出",
    日本福祉工学会第18回学術講演会講演論文集,404,pp.55-56, 2014年 (平成26年) 11月
  38. 濱洲竜斗,合志和洋(熊本高専),
    "NIRSを利用した映像と振動の複合提示時の脳内血液量の変化",
    第13回電子情報系高専フォーラム論文集,pp.85-88, 2014年 (平成26年) 11月
  39. 濱洲竜斗,清田公保,中野光臣,合志和洋(熊本高専),
    "生体機能計測による感性評価に関する研究―振動イスによる脳内血液量の計測―",
    Japan ATフォーラム2014講演論文集,pp.47-48, 2014年 (平成26年) 8月
  40. 濱洲竜斗,清田公保,合志和洋(熊本高専),
    "香り刺激に対する脳内血液量の変化",
    第12回電子情報系高専フォーラム論文集,pp.73-74, 2013年 (平成25年) 9月
  41. 清田公保,合志和洋,三好正純(熊本高専),伊藤和之(国立リハセンター),
    "改ざん防止機能付き視覚障碍者向けペン入力方式電子カルテシステムの構想",
    第4回福祉情報教育フォーラム講演論文集,pp.31-32, 2013年 (平成25年) 8月
  42. 内田隼人,清田公保,合志和洋,島川学(熊本高専),江崎修央(鳥羽商船高専),伊藤和之(国立リハセンター),
    "中途視覚障害者のためのユビキタス指向簡易メモ帳システムの操作性の向上",
    第38回感覚代行シンポジウム発表論文集,pp.31-34, 2012年 (平成24年) 9月
  43. 松田和也,清田公保,合志和洋(熊本高専),
    "ルディックウォークが高齢者に与える歩行効果の検証",
    第11回電子情報系高専フォーラム論文集,pp.23-26, 2012年 (平成24年) 9月
  44. 内田隼人,清田公保,合志和洋(熊本高専),
    "中途視覚障害者のためのユビキタス指向簡易メモ帳システムの操作性の向上",
    第11回電子情報系高専フォーラム論文集,pp.19-22, 2012年 (平成24年) 9月
  45. 永田正伸,大塚弘文,柴里弘毅,三好正純,清田公保,合志和洋,下田貞幸,開豊,山下徹(熊本高専),
    "室内用パーソナルモビリティ装置(STAVi)を活用した学校教育環境ユニバーサル構想プロジェクト(第2報)",
    第3回福祉情報教育フォーラム講演論文集,pp.60-61, 2012年 (平成24年) 9月
  46. 内田隼人,松田和也,合志和洋,島川学,西山英治,清田公保(熊本高専),
    "中途視覚障害者のためのペン入力方式による音声出力簡易メモ帳システムの開発",
    第3回福祉情報教育フォーラム講演論文集,pp.58-59, 2012年 (平成24年) 9月
  47. 合志和洋(熊本高専),
    "ヒューマン情報技術に関する研究",
    第2回情報科学と信号処理研究会資料, 2012年 (平成24年) 9月
  48. 賀久和弥,清田公保,合志和洋,島川学(熊本高専),江崎修央(鳥羽商船高専),伊藤和之(国立リハセンター),
    "中途視覚障碍者のための理療問診用オンライン手書きメモシステムの開発",
    第37回感覚代行シンポジウム発表論文集,pp.57-60, 2011年 (平成23年) 12月
  49. 永田正伸,大塚弘文,柴里弘毅,三好正純,清田公保,合志和洋,下田貞幸,開豊,山下徹(熊本高専),
    "室内用パーソナルモビリティ装置(STAVi)を活用した学校教育環境ユニバーサル構想プロジェクト",
    第2回福祉情報教育フォーラム講演論文集,pp.29-30, 2011年 (平成23年) 11月
  50. 大吉健洋,合志和洋,古賀広昭(熊本高専),
    "ベッド上での文章作成による寝たきり者の脳血流特性・感性特性",
    ヒューマンライフ情報技術研究会報告書,HIT2010-3, 2011年 (平成23年) 3月
  51. 宮本怜,清田公保,合志和洋(熊本高専),
    "感情を伴う擬人化エージェントによるコミュニケーション支援システムの開",
    第9回電子情報系高専フォーラム論文集,pp.39-42 , 2010年 (平成22年) 11月
  52. 賀久和弥,清田公保,合志和洋(熊本高専),
    "中途視覚障がい者のためのペン入力による音声記録アノテーションシステムの開発 ",
    第9回電子情報系高専フォーラム論文集,pp.35-38, 2010年 (平成22年) 11月
  53. 宮本怜,清田公保,合志和洋(熊本高専),
    "顔表情変化を伴う擬人化エージェントによるコミュニケーション支援システムの開発",
    第18回電子情報通信学会九州支部学生会講演会論文集,A-32 , 2010年 (平成22年) 9月
  54. 賀久和弥,清田公保,合志和洋(熊本高専),
    "中途視覚障害者のためのペン入力による音声記録アノテーションシステムの開発",
    第18回電子情報通信学会九州支部学生会講演会論文集,A-31, 2010年 (平成22年) 9月
  55. 原田智広,清田公保,合志和洋(熊本高専),
    "マーカ認識による位置姿勢推定を用いた車椅子ナビゲーションシステムの開発",
    第18回電子情報通信学会九州支部学生会講演会論文集,A-30 , 2010年 (平成22年) 9月