熊本キャンパス 八代キャンパス
情報通信
エレクトロニクス
工学科
制御情報システム
工学科
人間情報システム
工学科
共通教育科 機械知能システム
工学科
建築社会デザイン
工学科
生物化学システム
工学科
共通教育科
研究者情報(教員一覧)

著書

  1. 河上正秀(筑波大名誉・放送大客員), 小林秀樹(淑徳大), 魚谷雅広(淑徳大非常勤), 大石桂子(高崎健康福祉大), 出雲春明(聖心女子大非常勤), 吉田真哉(立正大非常勤), 鈴木康文(石川工業高専), 永野拓也(熊本キャンパス共通教育科), 菅野孝彦(東海大), 馬場智理(放送大非常勤),
    "変容する社会と人間",
    北樹出版 全220ページ,平成26年4月
  2. 金森修(東大), 武田裕紀(追手門学院大), 隠岐さや香(広島大), 田中祐理子(京都大), 三宅岳史(香川大), 永野拓也(熊本キャンパス共通教育科), 重田園江(明治大),
    "『合理性の考古学』 担当箇所:第六章「ベルクソンと特殊相対性理論―物理学的表象と形而上学的実在性―」 ",
    東京大学出版会,全542頁,平成24年12月
  3. 永野拓也(熊本キャンパス共通教育科),
    "ベルクソンにおける知性的認識と実在性",
    北樹出版,全245頁,平成23年3月
  4. 河上正秀(筑波大名誉・放送大客員), 小林秀樹(淑徳大), 魚谷雅広(淑徳大非常勤), 大石桂子(高崎健康福祉大), 出雲春明(聖心女子大非常勤), 吉田真哉(立正大非常勤), 鈴木康文(石川工業高専), 永野拓也(熊本キャンパス共通教育科), 菅野孝彦(東海大), 馬場智理(放送大非常勤),
    "変容する社会と人間",
    北樹出版 全220ページ,平成26年4月
  5. 金森修(東大), 武田裕紀(追手門学院大), 隠岐さや香(広島大), 田中祐理子(京都大), 三宅岳史(香川大), 永野拓也(熊本キャンパス共通教育科), 重田園江(明治大),
    "『合理性の考古学』 担当箇所:第六章「ベルクソンと特殊相対性理論―物理学的表象と形而上学的実在性―」 ",
    東京大学出版会,全542頁,平成24年12月
  6. 永野拓也(熊本キャンパス共通教育科),
    "ベルクソンにおける知性的認識と実在性",
    北樹出版,全245頁,平成23年3月

学術論文

  1. 永野拓也(熊本キャンパス共通教育科),
    ""Repr?sentation physique et r?alit? de la mati?re: sur la confrontation de la philosophie bergsonienne avec la relativit? restreint"e",
    Annales Bergsoniennes VI, Presses Universitaires de France, pp. 375-412,平成25年3月
  2. 永野拓也(熊本キャンパス共通教育科),
    "Le fondement r?flexif de la construction math?matique : Bergson et l’intuitionisme de Brouwer ",
    『筑波哲学』No. 19, pp.48-66,平23年3月
  3. 永野拓也(熊本キャンパス共通教育科),
    ""Repr_sentation physique et r_alit_ de la mati_re: sur la confrontation de la philosophie bergsonienne avec la relativit_ restreint"e",
    Annales Bergsoniennes VI, Presses Universitaires de France, pp. 375-412,平成25年3月
  4. 永野拓也(熊本キャンパス共通教育科),
    "Le fondement r_flexif de la construction math_matique : Bergson et l’intuitionisme de Brouwer ",
    『筑波哲学』No. 19, pp.48-66,平23年3月

国際学会等発表

  1. 永野拓也(熊本キャンパス共通教育科),
    "La contingence du devenir mat?riel selon Bergson : thermodynamique, physique statiistique, d?terminisme g?om?trique ",
    S?minaire "Philosophie et physique" (Le Laboratoire SPHERE, UMR 7219, Axe Histoire et philosophie des sciences de la nature (France)) ,平成26年3月
  2. 永野拓也(熊本キャンパス共通教育科),
    " L’arithm?tisation bergsonienne de la dur?e : pour une confrontation de sa philosophie avec la relativit? ",
    Journ?e d’?tude internationale EuroPhilosophie, "Bergson et ses usages",session d’apr?s-midi. Universit? Toulouse II-Le Mirail,平成23年2月
  3. 永野拓也(熊本キャンパス共通教育科),
    "La contingence du devenir mat_riel selon Bergson : thermodynamique, physique statiistique, d_terminisme g_om_trique ",
    S_minaire "Philosophie et physique" (Le Laboratoire SPHERE, UMR 7219, Axe Histoire et philosophie des sciences de la nature (France)) ,平成26年3月
  4. 永野拓也(熊本キャンパス共通教育科),
    " L’arithm_tisation bergsonienne de la dur_e : pour une confrontation de sa philosophie avec la relativit_ ",
    Journ_e d’_tude internationale EuroPhilosophie, "Bergson et ses usages",session d’apr_s-midi. Universit_ Toulouse II-Le Mirail,平成23年2月

その他

  1. 永野拓也(熊本キャンパス共通教育科), 清塚明朗(東京大),
    "ベルクソンにおける実生活とプラグマティズム(S. マデルリユーの発表原稿邦訳)",
    国際シンポジウム「反時代的考察――ベルクソンと19世紀フランス哲学」,平成24年10月
  2. 清塚明朗(東京大), 永野拓也(熊本キャンパス共通教育科),
    "ラヴェッソンとベルクソン(C. マランの発表原稿邦訳)",
    国際シンポジウム「反時代的考察――ベルクソンと19世紀フランス哲学」,平成24年10月
  3. 永野拓也(熊本キャンパス共通教育科), 三宅岳史:コメンテーター(香川大), 森元斎:コメンテーター(日本学術振興会特別研究員), 村山達也:司会(東北大),
    "合評会 永野拓也『ベルクソンにおける知性的認識と実在性』(北樹出版 2011)",
    第30回ベルクソン哲学研究会,平成24年4月
  4. 永野拓也(熊本キャンパス共通教育科), 小関彩子(和歌山大),
    "抵抗に抵抗する‐仮借なきものと方策(C. ジェレルの発表原稿邦訳)",
    国際シンポジウム「ベルクソンと災厄――今,『道徳と宗教の二源泉』を読み直す」,平成23年10月
  5. 小関彩子(和歌山大), 永野拓也(熊本キャンパス共通教育科), ,
    "痛みに満ちた 存在論 存在への露呈におけるベルクソンとレヴィナス(J. シックの発表原稿邦訳)",
    国際シンポジウム「ベルクソンと災厄――今,『道徳と宗教の二源泉』を読み直す」,平成23年10月
  6. 永野拓也(熊本キャンパス共通教育科), 清塚明朗(東京大),
    "ベルクソンにおける実生活とプラグマティズム(S. マデルリユーの発表原稿邦訳)",
    国際シンポジウム「反時代的考察――ベルクソンと19世紀フランス哲学」,平成24年10月
  7. 清塚明朗(東京大), 永野拓也(熊本キャンパス共通教育科),
    "ラヴェッソンとベルクソン(C. マランの発表原稿邦訳)",
    国際シンポジウム「反時代的考察――ベルクソンと19世紀フランス哲学」,平成24年10月
  8. 永野拓也(熊本キャンパス共通教育科), 三宅岳史:コメンテーター(香川大), 森元斎:コメンテーター(日本学術振興会特別研究員), 村山達也:司会(東北大),
    "合評会 永野拓也『ベルクソンにおける知性的認識と実在性』(北樹出版 2011)",
    第30回ベルクソン哲学研究会,平成24年4月
  9. 永野拓也(熊本キャンパス共通教育科), 小関彩子(和歌山大),
    "抵抗に抵抗する‐仮借なきものと方策(C. ジェレルの発表原稿邦訳)",
    国際シンポジウム「ベルクソンと災厄――今,『道徳と宗教の二源泉』を読み直す」,平成23年10月
  10. 小関彩子(和歌山大), 永野拓也(熊本キャンパス共通教育科), ,
    "痛みに満ちた 存在論 存在への露呈におけるベルクソンとレヴィナス(J. シックの発表原稿邦訳)",
    国際シンポジウム「ベルクソンと災厄――今,『道徳と宗教の二源泉』を読み直す」,平成23年10月