熊本キャンパス 八代キャンパス
情報通信
エレクトロニクス
工学科
制御情報システム
工学科
人間情報システム
工学科
共通教育科 機械知能システム
工学科
建築社会デザイン
工学科
生物化学システム
工学科
共通教育科
研究者情報(教員一覧)

著書

  1. 光永武志(共通教育科),
    "『フランケンシュタイン』 と『失楽園』─光と闇の交錯  『イギリス・ロマンティシズムの光と影』所収",
    音羽書房鶴見書店,2011.10.25

学術論文

  1. 光永武志(共通教育科),
    "ミルトンと漱石(1)",
    熊本大学英語英文学 第41号,1998.3.15
  2. 光永武志(共通教育科),
    "ミルトンにおける自由意志と選択 ",
    熊本大学英語英文学 第37号 吉田正憲教授退官記念号,1994.3.15
  3. 光永武志(共通教育科),
    "TOEIC IPテストを活用した英語教育に関する実践報告",
    『ESPの研究と実践』第7号 JACET九州沖縄支部ESP研究会編,2008.3.31
  4. 光永武志(共通教育科),
    "第五高等学校教授夏目金之助と英語教育",
    『ESPの研究と実践』JACET九州沖縄支部ESP研究会編 ,2002.3.31
  5. 光永武志(共通教育科),
    "ミルトンのための弁護 ――結婚についてのバイロンの詩句をめぐって―― ",
    熊本大学英語英文学 第45号 上利政彦教授退官記念号,2002.3.15
  6. 光永武志(共通教育科),
    "『闘技士サムソン』における悲しみをめぐって—漱石のミルトン批評の一例—",
    『言語文化論叢--縄田鉄男教授退官記念論文集』 三省堂 ,2000.3 31

研究紀要

  1. 光永武志(共通教育科),
    "禁断の木の実と知識--『失楽園』研究・第3部--",
    熊本電波工業高等専門学校 研究紀要 第22号 ,1995.12.15
  2. 光永武志(共通教育科),
    "イーヴの夢と原罪--『失楽園』研究・第2部--",
    熊本電波工業高等専門学校 研究紀要 第21号 ,1994.12.15
  3. 光永武志(共通教育科),
    "ミルトンと独歩--23歳の青年詩人の苦悩と決意--",
    熊本電波工業高等専門学校 研究紀要 第23号,1996.12.13
  4. 光永武志(共通教育科),
    "John Milton, ‘A book was writ of late called Tetrachordon’―ミルトンと’trumpet’としてのソネット―",
    熊本電波工業高等専門学校 研究紀要 第32号 ,2005.11.30

国内学会等発表

  1. 光永武志(共通教育科),
    "Mary Shelley の The Last Man をめぐって -<人間>と<時>について-",
    イギリス・ロマン派文学研究会  第44回夏季研究会,平成29年8月22日
  2. 光永武志(共通教育科),
    "Milton:亡妻へのソネットについて--Byronのいう‘odd spouse’ の意味をめぐって--",
    2001年度日本バイロン協会談話会,2001.7.14
  3. 光永武志(共通教育科),
    "グローバル人材育成の試みについて~熊本高専の事例報告~",
    大学英語教育学会(JACET)九州沖縄支部ESP研究会 第25回ESP研究会,2017.6.10
  4. 光永武志(共通教育科),
    "英詩におけるソネットの歴史--ミルトンを中心に",
    第45回熊本大学英文学会,2001.10.13
  5. 光永武志(共通教育科),
    "ミルトン:ソネットから叙事詩へ",
    第28回イギリス・ロマン派文学研究会,2001.8.6
  6. 光永武志(共通教育科),
    "工業高専における英語教育の現状と今後の展望",
    第20回大学英語教育学会(JACET)九州・沖縄支部 支部研究大会,2005.10.8
  7. 光永武志(共通教育科),
    "多読活動を取り入れたリーディング指導実践報告",
    第24回大学英語教育学会(JACET) 九州・沖縄支部 支部研究大会,2010.7.3
  8. 光永武志(共通教育科),
    "ミルトンと教育~理想の教育とは~",
    イギリス・ロマン派文学研究会 第35回夏季研究会, 2008.8.27
  9. 光永武志(共通教育科),
    "「William GodwinのCaleb Williamsをめぐって~ウィリアムズとフォークランドの引き合う力~」",
    イギリス・ロマン派文学研究会 第38回夏季合宿研究会,2011.8.23