三つの方針

1.学科の教育上の目的

 建託社会デザイン工学科は,建築学と土木工学の専門基礎技術に情報通信技術を加えて,地域の文化や歴史,自然環境や防災などに配慮しながら, 建物,社会資本の整備や都市計画などの「地域づくり・まちづくり」に貢献できる技術者の育成を目的とする。

2.「三つの方針」 (建築社会デザイン工学科)

I.ディプロマ・ポリシー (卒業認定の方針)

 建築社会デザイン工学科では、育成する人材像(準学士課程)および学科の教育上の目的に基づき、以下の能力を身につけ、かつ所定の授業を履修して卒業に必要な単位を修得した学生に対して、卒業を認定する。

(D1) 日本語および英語のコミュニケーション能力
(D2) ICTに関する基本的技術および工学への応用技術
(D3) 建築および土木分野における技術の基礎となる知識と技能およびその分野の専門技術に関する知識と能力を持ち、複眼的な視点から問題を解決する能力
(D4) 知徳体の調和した人間性および社会性・協調性
(D5) 広い視野と技術のあり方に対する倫理観
(D6) 知的探求心を持ち、主体的、創造的に問題に取り組むことができる能力

II.カリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施方針)

(1) ディプロマ・ポリシーに掲げた能力を育成するために、以下の科目群を基本科目として用意している。

科目群 科目群の内容 (主要科目)
一般科目人文・社会系科目
(D1,D4に対応)
 日本語や英語によるコミュニケーション能力,人間性,社会性等の育成を目的とする講義および実習科目(国語,英語,英会話,現代社会,倫理,世界史,日本史,保健体育など)
ICT系科目
(D2に対応)
 専門分野への展開を視野に置いたICTの基礎および応用技術の修得を目的とする主に講義科目(情報基礎,基礎情報工学,ネットワーク入門,プログラミング基礎,情報処理,メディア造形,地形情報処理など)
一般科目理数系及び建築学・土木工学の基礎科目
(D3に対応)
 工学の基盤となる理数系,および建築,土木の基礎内容の修得を目的とする主に講義科目(数学,物理,化学,応用数学,応用物理,基礎製図,建築構法,構造力学,建設材料など)
建築学・土木工学の応用・実践科目
(D3に対応)
 専門分野の知識や技術を身につけ,これらの専門知識を生かして新しい問題に挑戦できる技術者の育成を目的とする講義,演習,実験科目(設計製図,建築設計演習,土木設計演習,測量学および同実習,地域および都市計画,構造力学,鉄筋コンクリート工学,鋼構造工学,建築計画,建築環境工学,建築施工法,計画学,土質工学,水理学,建築社会工学実験など)
問題解決能力育成科目
(D5,D6に対応)
 技術者に必要な倫理観,および主体的,創造的に問題解決に取り組む能力の育成を目的とする講義,演習,実験実習科目(倫理,科学技術と現代社会,建築法規,インターシップ,建築設計演習,土木設計演習,卒業研究など)

(2) これらの科目群に係る単位修得の認定は、主に定期試験によるものとするが、科目によってはレポート等の評価結果により認定する。授業科目の成績は、下記の基準により評価する。

評点 標語 判定 標語の意味
90点~100点 S 合格 極めて優秀
80点~89点 A 合格 優秀
70点~79点 B 合格 良好
60点~69点 C 合格 合格に値する
0点~59点 F 不合格 合格に及ばず