生物化学システム工学科

人々や環境の未来をひらく最新バイオ!

 生物が独自に獲得してきた生命情報や生物機能を工学的に応用するバイオ技術は、食糧、医療、資源エネルギー、環境等の問題解決の鍵となる基幹技術であり、生物科学と物質化学及び情報電子技術(ICT)を融合した技術分野です。
 本学科は、物理的・化学的反応の積み重ねで維持されている生命現象を理解し、異種の工学分野が融合した新しい産業基盤を促進・展開している医薬医療・食品・化学等の産業界の動向も踏まえて、「先進的で高度なものづくり」に対応できる「バイオ・ケミカル技術者」を育成する複合学科です。最新のテクノロジーに対応した実践的教育に活用するため、遺伝子工学実験室、培養室、低温室、バイオ機器室、電子顕微鏡室、分子構造解析室、情報電子解析室などの高度な教育施設やDNA シークエンサなどの先端機器を備えています。
 本学科では、物質化学と生物科学および情報電子技術を核とし、生物の持つ様々な機能を工学的に応用するバイオ技術を駆使して、医薬医療・食品・化学等の産業分野で展開されている「先進的で高度なものづくりシステム」に貢献できるICT の基礎を習得した実践的バイオ・ケミカル技術者の育成を目指します。

  • 卒業研究の風景
  • 生物系の実験風景
  • 生物化学系の実験風景

主な設備

  • 走査型電子顕微鏡
  • DNAシーケンサー
  • 蛍光X線分析装置
  • 液体およびガスクロマトグラフィー
  • ガスクロマトグラフ質量分析装置
  • 高速液体クロマトグラフ質量分析装置
  • ICP質量分析装置
  • ガスクロマトグラフ質量分析計(GCMS)