三つの方針

1.専攻科の教育目標

専攻科は、高等専門学校における教育の基礎の上に、精深な程度において工業に関する高度な専門的知識および技術を教授研究し、もって広く産業の発展に寄与する人材を育成することを目的とする。

2.生産システム工学専攻の「三つの方針」

I.ディプロマ・ポリシー

 準学士課程における機械知能系・建築社会デザイン系・生物化学系の何れかの複合型専門を基礎として、モノづくりの基礎をデザインしこれを展開して、国際的な視点に立ったイノベーション創成を担うことのできる高度な開発技術者及び地域産業の発展に貢献できる技術者を育成するため、本校に在籍し、以下のような能力を身に付け、所定の単位を修得した学生に対して、修了を認定する。
(D1) 日本語および英語のコミュニケーション能力を有し、国際的に活躍できる能力
(D2) ICTに関する基本的技術および工学への応用技術
(D3) 多分野における技術の基礎となる知識と技能、およびその分野の専門技術に関する高度な知識と能力を持ち、複眼的な視点から問題を解決し、産業技術分野への活用を実践できる能力
(D4) 知徳体の調和した人間性および社会性・協調性
(D5) 広い視野と技術のあり方に対する倫理観と、社会への貢献意識
(D6) 知的探求心を持ち、問題解決へ向けて主体的、創造的に取り組むことができる能力

II.カリキュラム・ポリシー

(1) ディプロマ・ポリシーに掲げた能力を育成するために、以下の科目群を基本科目として用意している。

科目群 科目群の内容 (主要科目)
1)人文・社会科学(語学も含む)に関する科目(D1,D4に対応) 日本語および英語のコミュニケーション能力に関する科目群
(上級英語、スピーチ・コミュニケーションⅠ Ⅱ、科学技術英語など)
2)情報技術科目(D2に対応) ICTに関する基本的技術に関する科目群(応用情報科学、計算応用力学、計算機プログラミングなど)
3)数学・自然科学に関する科目(D3に対応) 数学・自然科学に関する科目群(応用解析、物理化学など)
4)基礎工学科目(D3に対応) 設計システム系、情報論理系、材料・バイオ系、力学系、社会技術系の各科目群
5)専門工学の知識と能力科目(D3に対応) 機械工学・電気電子工学、建築学・土木工学、生物工学・応用化学などに関する専門的な知識・技術科目群
6)いくつかの工学の基礎的な知識・技術を駆使し、工学的に考察し、かつ説明・説得する能力、デザイン能力育成科目(D2、D3,D6に対応) デザイン能力育成科目;実験・実習科目(生産システム工学実験など)、研究・プロジェクト科目群(応用プロジェクト、特別研究Ⅰ Ⅱなど)
7)工学の基礎的な知識・技術を統合し、創造性を発揮して課題を探求し、組み立て、解決する能力育成科目(D6に対応) 各専門分野の設計工学、学応用、演習・実習科目群(創造設計工学、環境設計演習、データマイニング概論など)
8)技術者が経験する実務上の問題点と課題を理解し、適切に対応する基礎的な能力育成科目(D5に対応) 実務上の課題解決科目群(技術倫理、技術開発と知的財産権など)
9)チームワーク力育成科目(D4に対応) 専門の分野横断的な体験型実習、セミナー科目群(インターンシップⅠ Ⅱ、エンジニア実践セミナー、研究技術インターンなど)

(2) これらの科目群に係る単位修得の認定は主に定期試験によるものとするが、科目によっては、レポート、研究論文、プレゼンテーション、口頭試問等の評価やいくつかの評価方法を組み合わせた複式評価の結果により認定する。
授業科目の成績は、下記の基準により評価する。

評点 標語 判定 標語の意味
80点~100点 合格 優秀
70点~79点 合格 良好
60点~69点 合格 合格に値する
0点~59点 不可 不合格 合格に及ばず

III.アドミッション・ポリシー

学士課程(専攻科)のアドミッション・ポリシー