学習・教育到達目標

電子情報システム工学専攻の学習・教育到達目標は、以下に示すとおりです。

JABEE対応教育プログラム「電子・情報技術応用工学コース」の学習・教育到達目標

(A)日本語および英語のコミュニケーション能力
  A-1 技術者として、分かりやすいきちんとした日本語での表現、技術報告書の作成、プレゼンテーションなどができる。
  A-2 英語による基本的な表現(英文読解、英作文、英会話)ができる。
  A-3 技術者としての英語のコミュニケーション能力を身に付ける。
(B)コンピュータの基本的技術および工学への応用技術
  B-1 コンピュータのハードウェアに関する基本的な働きを理解し、OS やプログラミング言語に関する基礎的な処理ができる。
  B-2 工学的な課題についてコンピュータを応用して解決することができる。
(C)電子・情報系技術の基礎知識・能力
  C-1 数学、物理などの基礎的な知識・能力を身に付け、それを工学の分野で利用できる。
  C-2 電気磁気学や電子回路などの電子・情報系専門基礎科目の知識・能力を身に付ける。
  C-3 基本的な測定機器の取り扱い、実験技術を身に付ける。
(D)電子・情報系技術の一分野において専門技術に関する知識・能力
  D-1 通信技術・電子技術・制御技術・情報技術などの中から一分野の専門応用技術を身に付ける。
  D-2 人の行動・感性を工学に生かす技術を身に付ける。
  D-3 与えられた課題について、問題解決の過程を通じてデザイン能力を身に付ける。
(E)創造性、チャレンジ性を発揮できる素養
  E-1 研究計画の立案、研究の進め方、結果の整理・考察などの一連の技術開発手順を学習し、創造性を身に付ける。
  E-2 実験や研究途上で生じた新たな問題点を複眼的視点から解決し、技術者として自主的に取り組むチャレンジ性を身に付ける。
  E-3 知的探究心を持ち、継続的に学習する習慣を身に付ける。
  E-4 企業実習、校内での実習を通じ、与えられた課題に対する実践的な能力を身に付ける。
(F)人類への貢献意識を持ち、広い視野と倫理観を持った技術姿勢
  F-1 諸外国の言語を学び各国の文化、価値観などに触れるとともに、社会の成立に不可欠な諸条件の基礎的知識を習得することにより、多面的に物事を考え価値観の異なる他者との共存ができる素養を身に付ける。
  F-2 スポーツやグループワークを通して協力・連携の意識を育み、社会性・協調性・チームワーク力を身に付ける。
  F-3 技術が人類社会に及ぼす影響、技術開発が人類社会に与える倫理的な問題について理解する。

JABEE非対応教育プログラム「電子情報技術専修コース」の学習・教育到達目標

(1)高度開発型技術者(実践的技術に加えて柔軟な発想能力のある開発技術者)の育成
  1-1 電子情報・制御情報に関する一分野の専門応用技術を身に付ける。
  1-2 研究計画の立案、研究の進め方、結果の整理・考察など一連の技術開発手段を学習し、創造性を身に付ける。
(2)高度総合システム技術者(電子・情報技術を工学的産業技術に活用し,人間に快適なシステム化ができる技術者)の育成
  2-1 人の行動・感性を工学に生かす技術を身に付ける。
  2-2 知的探究心を持って研究・実習活動に取り組み、電子・情報技術を工学的産業技術に活用する能力を身に付ける。
(3)知的情報処理技術者(コンピュータ技術を知的情報処理技術に高めることができる創造性のある技術者)の育成
  3-1 コンピュータ技術を知的情報処理技術に高め専門分野の課題について応用し解決することができる。
(4)日本語の表現力を磨くとともに、英語によるコミュニケーション力を身に付け国際的にも活躍できる人材の育成
  4-1 英語による基本的な表現(英文読解、英作文、英会話)ができる。
  4-2 技術者としての英語のコミュニケーション能力を身に付ける。
  4-3 技術者としての基本的な日本語の表現能力(報告書作成、プレゼンテーション)を身に付ける。
(5)知的柔軟性(工学的見地に偏ることのない人間性・知見)の育成
  5-1 自然科学・社会科学の基礎的な知識・能力を身に付け、工学の分野で利用できる。
  5-2 豊かな人間性を持ち、社会性・協調性・チームワーク力を身に付ける。
(6)人類への貢献意識を持ったチャレンジ精神豊かな技術者の育成
  6-1 技術者として必要な起業力、技術の動向、倫理的問題などについて基礎知識を習得する。
  6-2 実験や研究途上で生じた新たな問題点を複眼的視点から解決し、技術者として自主的に取り組むチャレンジ性を身に付ける。