学生支援用ITシステム

熊本高等専門学校では学生支援用に様々なITを利用した学生支援システムがあります。その一部をご紹介いたします。図1はシステム概要を示した図です。

  •   WebClass
    WebClassは、日本データパシフィック(株)のeラーニングシステムです。教材コンテンツの配信や行事予定、時間割、各種証明書用申請書、進路情報、シラバスなどの情報配信の他、緊急時等の連絡用にクラスごとの電子掲示板を設けたり、欠席の連絡用にもこのWebClassが利用されています(図2参照)。
  •  Kシステム
    Kシステムは、学生の問題点や学生指導記録の情報を電子カルテとしてデータベース化し、そのカルテ情報を教員間で共有することで教育的指導を容易にしようという目的で開発され、教員間で使用されています。
  • i-Collabo
    i-Collaboは、授業等をビデオ撮影した動画データの編集作業を自動で行うことができ、ネット配信可能な動画コンテンツが作成できるNEC (株)の教材コンテンツ作成システムです。コンテンツ作成時の教員の負荷が軽減でき、学生の復習や一時的に授業に出席できない学生のためのサポートシステムとしても期待されております。
  • Content Cube
    Content Cubeは、動画コンテンツと資料を組み合わせて配信できるパナソニックシステムソリューションズジャパン(株)のストリーミングシステムです。このシステムにより魅力的なeラーニング教材で学ぶことができ、病気などで一時的に出席できない授業を臨場感あふれるコンテンツでオンデマンド学習でき、復習にも活用できる等の学習効果が期待できます。


図1 ICTを利用した学生支援システムの概要

図2 熊本キャンパスのWebClass(学生への連絡掲示板と欠席の連絡用画面例)