専攻科入学試験

アドミッションポリシー

求める学生像

  • 技術の向上や新しいものの創造に対する意欲を持っている人
  • 科学技術の基礎知識および専門分野の基礎的な知識と技術を持っている人
  • 日本語および英語の基本的コミュニケーション能力が備わっている人
  • 社会への貢献意識を持っている人

入学者選抜の基本方針

入学者の選抜は、「推薦による選抜」、「学力検査による選抜」及び「社会人特別選抜」の三つの方法で行います。

  • 推薦による選抜
    在籍する学校長が人物・学業ともに優れていると認めて推薦する人で、本専攻科への適性を有し、合格した場合は必ず入学する人を選抜します。
  • 学力検査による選抜
    本専攻科での勉学に必要な素養と基礎学力及び専門基礎知識を備えた人を選抜します。
  • 社会人特別選抜
    企業等での1年以上の実務経験があって、専門分野における基礎的な学力と知識を持ち、本専攻科での学習の意欲があり人物的にも優れていると所属の長が推薦する人で、本専攻科への適性を有し、合格した場合は必ず入学する人を選抜します。
選抜方法 試験内容および判定方法
推薦選抜 推薦選抜は、在籍する学校長から提出された推薦書及び調査書と面接の総合判定により行います。
学力選抜 学力選抜は、学力検査の成績及び出身学校長より提出された調査書の総合判定により行います。学力検査は筆記試験で、英語、数学及び専門科目です。
社会人特別選抜 社会人特別選抜は、所属の長から提出された推薦書、調査書及び志望理由書と面接の総合判定により行います。

募集要項

平成30年度 専攻科学生募集要項・入学案内

更新:2017.4.13

平成30年度 学生募集要項・入学案内 (PDF形式:887KB)

募集人員

熊本キャンパス

本科の教育課程の専門基礎技術を基盤に、急速な技術の高度化・複雑化に対して、柔軟な創造工夫をもって未知なる複合領域の課題にも対応できる国際的視野を持った実践的高度技術者の養成をめざします。

※ 専攻科・電子情報システム工学専攻の「学力による選抜」において、学力検査科目の専門科目が次のようになります。
「次の5科目の中から3科目選択すること。
電気磁気学、電気回路、電子回路(半導体含む)、計算機工学、情報処理」

学科 入学定員
電子情報システム工学専攻 24名
24名
八代キャンパス

本科の教育課程の専門基礎技術を基盤に、イノベーション創成を担うことのできる技術者および地域産業の発展に貢献できる人材の養成をめざします。

学科 入学定員
生産システム工学専攻 24名
24名

選抜日程

区分 専攻 出願期間 試験実施日 合格発表
推薦選抜 電子情報システム工学専攻 4月26日(水)~
5月9日(火)
5月12日(金) 5月17日(水)
生産システム工学専攻 4月26日(水)~
5月9日(火)
5月12日(金) 5月18日(木)
学力選抜 電子情報システム工学専攻 5月18日(木)~
5月24日(水)
5月27日(土) 5月31日(水)
生産システム工学専攻 6月12日(月)~
6月16日(金)
6月23日(金) 6月29日(木)
社会人特別選抜 電子情報システム工学専攻 5月18日(木)~
5月24日(水)
5月27日(土) 5月31日(水)
生産システム工学専攻 6月12日(月)~
6月16日(金)
6月23日(金) 6月29日(木)

平成30年度 専攻科入学者選抜の学力検査(英語)における外部検定試験について

専攻科入学者選抜(電子情報システム工学専攻および生産システム工学専攻)の学力検査における一般科目の英語は、TOEIC (TOEIC IPを含む)の成績または実用英語技能検定準2級以上の資格による評価を実施することになっています。これらの外部検定試験のうちTOEICについては、試験名称変更により平成29年8月5日以降実施分はTOEIC Listening & Reading Test (略称TOEIC L&R)を評価対象とします(TOEIC IPを含む)。なお、換算方法などの詳細は、「平成30年度熊本高等専門学校専攻科募集要項(PDF形式:887KB)」を参照ください。

平成30年度 専攻科電子情報システム工学専攻入学者選抜における学力検査(英語)の変更について

平成30年度専攻科入学者選抜から、学力検査における一般科目の英語は筆記試験を行わず、TOEIC(TOEIC IPを含む)の成績または実用英語技能検定準2級以上の資格による評価を実施します。出願時には、選抜日から起算して2年以内に取得した、TOEICスコアの公式認定書あるいは個人成績表、または実用英語技能検定の合格証の写しを提出していただきます。なお、換算方法などの詳細は、「平成30年度熊本高等専門学校専攻科募集要項(PDF形式:887KB)」でお知らせします。

平成 30 年度 専攻科電子情報システム工学専攻入学者選抜の学力検査(英語)における外部検定試験の換算点算出方法の訂正

標記検査における外部検定試験の得点あるいは資格取得の換算点の算出方法を次のように訂正します。
※学力検査においては、TOEIC の得点又は実用英語技能検定の資格取得により、以下の方法で算出した換算点を英語の科目点とします。

1.学力選抜日から起算して、2 年以内に取得した TOEIC スコアによる場合
・TOEIC の得点 449 点以上は英語の科目点を 80 点とする。
・TOEIC の得点 201 点~448 点に関して、次式により換算する。
(英語の科目点)=48 点+0.32×((TOEIC の得点)-350 点)
ただし、小数点以下は四捨五入(200 点以下は 0 点)。
※平成 29 年 8 月 5 日以降実施の TOEIC 試験については、TOEIC Listening & ReadingTest (略称 TOEIC L&R)を評価対象とします(TOEIC IP を含む)。

2.学力選抜日から起算して、2 年以内に取得した実用英語技能検定準 2 級以上による場合
・実用英語技能検定準 2 級=56 点、実用英語技能検定 2 級以上=80 点
※TOEIC と実用英語技能検定を両方受験している場合は、英語への換算点の高い方を採用しますので,いずれか換算点の高い方で申請してください。