学術雑誌に学生の研究論文が掲載されました。

2016.10.28 2016.10.28 09:34

日本知能情報ファジィ学会誌「知能と情報」2016年8月号に昨年度卒業の柴尾一成くん(情報通信エレクトロニクス工学科2015年度卒業、現在千葉大学3年生)の研究論文が掲載されました。

柴尾くんは本校5年生のとき(2016年2月)に卒業研究(指導教員 大木真)の内容を論文にまとめて「知能と情報」に投稿しました。その後三名の査読員の審査を経て2016年7月に採録が決定し、2016年8月号に掲載されました。大学教員や企業の研究者の研究論文が多く掲載される学術雑誌に、高専本科生の論文が掲載されることは極めて稀であり、本校学生の能力の高さが示されました。

掲載論文

柴尾一成, 本田あおい, 大木真, 相対評価法を用いた痛みを表すオノマトペの順序関係を調べる方法の提案, 知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌), Vol.28, No.4, pp.734-743, 2016.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsoft/28/4/28_734/_article/-char/ja/