九州高専大会(陸上競技)で5年機械電気工学科 穴井君が2種目で優勝しました。

2013.08.12 2015.03.03 10:07

 7月20日、21日に第50回九州沖縄地区高専体育大会(陸上競技)が県営八代運動公園陸上競技場にて開催されました。
 本大会では、国体二次予選男子1500mで優勝した、機械電気工学科5年の穴井晃太君が1500m、5000mで2冠を達成して、1500mにおいては3分58秒68で大会新記録を更新しての優勝です。1500mの途中経過(800m)では男子800m決勝のタイムよりも7秒早く通過するというハイペースでした。33℃に及ぶ気温の高さ、風の強さ、終始一人でのレースということで、価値ある記録として閉会式時に審判長の総評でも評価を頂きました。
 暑い中、応援に来ていただいた関係者の皆様、学生の皆様、大会運営を手伝ってくださった補助員学生の皆様、誠にありがとうございました。
 次は一昨年、昨年と3位と足踏みをしていた全国高専大会での優勝と2冠を目指します。全国高専大会記録、九州高専新記録、全国高専新記録の3つが期待されます。会場は福島県いわき市で8月18日、19日に開催されます。応援のほどよろしくお願いいたします。