電子情報通信学会九州支部学生会講演において学生会講演奨励賞を受賞しました。

2013.02.17 2015.03.13 15:36

平成24年9月26日に長崎大学において開催された電子情報通信学会九州支部学生会講演会で、優れた研究発表に対して贈られる学生会講演奨励賞
http://www.ieice.or.jp/kyushu/gakusei/h24/h24_koen.html
を、以下のとおり熊本キャンパスの2件の発表が同時受賞しました。

電子情報システム工学専攻2年 田尻祐介 君
「相関を用いた音源数推定とブラインド信号分離」

情報通信工学科5年 中村高道 君
「多層周期構造におけるプラズモン共鳴吸収 - バッファ層の影響 -」

なお、この賞は、A部門:基礎・境界、B部門:通信、C部門:エレクトロニクス、D部門:情報・システム の4部門に分かれて講演された大学院、大学、高専等の学生らによる合計162件の講演の中から、研究内容、論文のまとめかた、わかりやすさなどの論文内容とともに、講演の分かりやすさ、質疑応答などの講演内容について審査員による評価結果にもとづいて厳正に審査されるものです。
 
宮川校長、田尻君、中村君、石橋教員(写真左側より)