シンポジウム「地域の科学教育・支援を取り巻く新しい潮流」を開催します。(12/25)

2012.12.12 2012.12.31 20:35

12月25日(火)に、福岡大学科学技術コミュニケーション教育研究グループ及び高専サイエンス支援ネットin九州沖縄の共催により、「地域の科学教育・支援を取り巻く新しい潮流」と題したシンポジウムを開催します。
 
本シンポジウムは、第1部が基調講演、第2部が事例報告、第3部が理科教育支援活動についてのポスター発表の3部構成を予定しています。また、シンポジウム閉会後には懇親会も予定しており、ポスター発表と共に参加者相互のネットワーク作りが期待されます。
 
【日時】 平成24年12月25日(火)13:00~17:00
【会場】 福岡大学図書館多目的ホール
【内容】
 
第1部 基調講演
 講演1:「理科における新学習指導要領の要点とそのねらい」
      日本物理教育学会理事 増子寛氏
 講演2:「科学の本を読みましょう-理科読のすすめ-」
      東海大学教育開発研究所長 滝川洋二氏
 
第2部 事例報告
 報告1:「福岡県における理科読の実践報告」
      福岡大学理学部教授 平松信康氏
 報告2:「SAFnet(Science for All Fukuoka)の活動」
      SAFnetコーディネーター 大濱順彦氏
 
第3部 ポスターセッション
 九州沖縄各高専および各機関・団体・グループの理科・
 技術教育支援の取り組み(ブースでの展示・実演)

 
※問い合わせ先や参加申込書等の詳細は、こちらの パンフレット (PDF、282KB)をご覧ください。